サイトロゴ
  1. トップページ
  2. 皮むけ乾燥肌と保湿成分~なぜセラミド?それ以外はダメなのか?

皮むけ乾燥肌と保湿成分~なぜセラミド?それ以外はダメなのか?

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

顔の皮むけ原因の多くはセラミド不足。正確には細胞間脂質ですが、セラミドを増やすことで角質の接着が戻り剥けにくくなります。

顔の皮向け肌はセラミド保湿化粧品で綺麗になる

でも保湿成分は他にもいっぱいあります。

なぜセラミドなのか?セラミド以外ではダメなのか?

定番保湿成分と皮むけ乾燥肌との相性

顔の皮むけは、ターンオーバーで剥がれる予定の角質が早く剥がれてしまうトラブル。最終的に角質同士をつないでいるのは細胞間脂質。その半分がセラミドです。

つまり接着剤としての役割がセラミドというわけで、他の保湿成分にもこの特性があれば皮むけ肌は落ち着きます。

ただ、どれも角質層に水分を届けたり、肌表面を潤したりといったことでは非常に役立ちます。完全に肌の水分量不足の肌トラブルなら、セラミドよりこれらのほうか、組み合わせたほうが良い結果になります。

でも、皮むけを綺麗に見せるという点では劣ってしまいます。なので、顔の皮むけ乾燥肌なら、とりあえずメインの保湿成分はセラミドに頼るべきです。

ヒアルロン酸

正確にはヒアルロン酸ナトリウム、ヒアルロン酸Naです。

保湿化粧品で配合されていないほうが珍しいくらいメジャーですよね。特徴としては水分保持量が非常に大きい点。

ただ保水維持力は低いです。あまりこの点が言われていませんが。

保湿成分としては、あくまで肌を強く湿らせるのが効果であり、肌水分量を維持するような効果はありません。1時間も持ちませんので。

そしてヒアルロン酸は角質層ではなく、その少し奥の表皮から多く存在します。メインはさらに奥の真皮層。

その場所では活躍しますし安定しますが、角質層では特に角質をくっつける働きはしません。

また分子サイズが大きいため角質層には浸透しません。このようにセラミドとは全く違う保湿成分であり、皮むけ乾燥肌を綺麗に整えることは期待できません。

ナノ化ヒアルロン酸なら角質層に浸透しますが、浸透したところですぐに水分を蒸発させてしまいます。セラミドと同時配合なら意味はあるものの、それ自体は水分の運び屋程度のメリットです。

下手に角質層に水分が浸透すると、蒸発するときに肌水分と一緒に出ていってしまい逆効果になります。

皮むけ乾燥肌に効果がない保湿方法・スキンケア

確かに肌に水分感が生まれますが、水分が少ないから皮むけするわけではありません。

顔の皮むけ原因と対策方法

肌が潤っている感覚を求めるとヒアルロン酸に注目しがちですが、実際は皮むけ乾燥肌にイメージほどのメリットはもたらしません。

コラーゲン

ヒアルロン酸とほぼ同じと考えていいですね。真皮層でハリを保つのに重要な成分。

ですが角質層では水分で湿らせる効果しかありません。

ナノ化も可能ですがナノ化ヒアルロン酸と同じです。角質をくっつける効果もありませんし、水分の運び屋としての利用価値ですね。

NMF(天然保湿因子)

角質同士の隙間にあるのがセラミド。角質細胞の中にあるのがNMF(天然保湿因子)です。

セラミドと並んで配合されることも多い、角質層の中で保水する成分です。主にアミノ酸が主体で発酵エキスの中に含まれていることが多いです。代表的なのがSK-IIのピテラです。

ただ保水力自体はセラミドに遠く及びません。

角質層の保水を、というより、角質細胞の中を保水するのが役割です。角質をふっくらさせてキメを整えるのには不可欠です。

当然アミノ酸などに角質をくっつける接着剤効果はありませんので、入っていて無駄にはなりませんが皮むけ乾燥肌を解決するほどのことはありません。

セラミドは保湿力が低い?のは当たり前

化粧品広告を見ていると、セラミドを配合していないブランドや、ヒト型ではない植物天然セラミド、馬天然セラミド採用の会社がヒト型セラミドは保湿力が低い!という反対意見を出していることがあります。

これ、いわゆる試験管実験ではそのとおりです。

ガラス板にセラミドやその他ヒアルロン酸などを置いて、水分がどれくらい維持されるかと比較競争した場合の話です。この条件ならヒト型セラミドは全く大したことありません。ヒアルロン酸などのほうが保水力が高いです。

それもそのはずで、セラミド、特にヒト型は角質層内で油、水、油という交互の層を繰り返して存在します。このラメラ構造によって水分が保持されるのであって、外気にさらされた何もない状態ではラメラ構造が取れず、水分を挟み込むことができません。

となると、単体で保水できるヒアルロン酸等のほうが保湿力は上です。植物や馬セラミドは糖がくっついているので保水性が高く、ヒト型セラミドより保湿力が高いという結果になります。

これは化粧品あるあるで、コラーゲンが増えました!という実験があっても、その成分が真皮層に届かないといみがないわけです。

同じように、ヒト型セラミドの保湿力を語るなら、角質層と同じモデルを用意して実験しないといけません。