1. トップページ
  2. 皮むけ肌の洗顔方法と洗顔料

皮むけ肌の洗顔方法と洗顔料

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

乾燥がひどくなって起きる皮むけ。原因は角質層にあるセラミド不足です(皮むけ乾燥肌とセラミド不足についてはトップページにて

そのセラミド不足原因の大半は洗顔の仕方にあります。

それはなぜか?

洗顔で落とす汚れが、肌の保湿成分セラミドと同じ性質を持っているからです。

つまり、「洗顔のやり過ぎ=乾燥」ということ(洗顔が皮むけ乾燥肌の原因である理由はこちら)。

だったら洗顔しなければいいのでは?

しかしそうもいかない。悩ましい洗顔方法と洗顔料の選び方についてスッキリさせていきましょう。

皮むけ乾燥肌に適した洗顔料の選び方

実は洗顔料を変える必要はない

皮むけ乾燥肌は洗顔をしないことで早く治まります。それだけセラミド不足に洗顔が影響している証拠です。

でも洗顔料を使わないのは抵抗を感じる人が多いです。特に女性は夜のメイク落としがあるため、洗顔料ゼロは厳しいですよね。

この場合、洗顔料の種類をマイルドなものに変えるだけが対策ではありません。使う洗顔料の量を減らせばいいんです。

手の汚れが酷いときは石鹸ソープの量を増やします。でもなぜか、顔の皮むけ状態のときに、使う洗顔料の量を減らす人はあまりいません普通にいつも通り洗っちゃう人がばかりです。

洗浄力は、洗浄成分の強さ × 使用量 × 時間、で決まります。だから洗顔料の種類を変えなくても、量と時間でコントロールできるんです。ここを調整すれば、必ずしも洗顔料を変える必要はありません。洗い方次第です。

弱アルカリ性か?弱酸性か?答えは簡単

洗顔料について調べると、弱アルカリ性は石鹸で刺激が強く洗浄力も強い。でも弱酸性はマイルド、洗浄力も弱めで使いやすい。

これは間違いではありませんが、皮むけ乾燥肌に弱酸性の洗顔料がベストとは限りません。

弱酸性の洗顔料はマイルドで非常に扱いやすいです。洗浄力がきつくないので、セラミド不足を招きにくいメリットがあります。

ただ、弱酸性だからセラミド不足を起こさないわけじゃありません。弱アルカリ性の洗顔料と同じ量、同じ時間、同じ洗い方をした場合に比べてという話。

だから弱酸性の洗顔料に変えたのに皮むけ乾燥肌が治まらないという人が大勢います。これは、弱酸性に変えたんだから普通に洗っても大丈夫、と安心して洗顔時間が伸びているからです。摩擦回数も増えます。

それだったら、弱アルカリ性の洗顔料であっても、刺激を減らした敏感肌向けのものだったり、単純に使用量と洗顔時間を減らしただけのほうが皮むけ乾燥肌は治まる確率が高いです。あまり洗いすぎないように、という意識があったほうがセラミド不足は防げます。

では弱アルカリ性と弱酸性のどっちが皮むけ乾燥肌にいいのか?というと、洗い方に気をつけられるならどっちでも可能です。

もし弱アルカリ性の洗顔料を少量使っただけでもピリピリ痛いなら、それはもう弱酸性しか選択肢はありません。どっちを選ぶか?というはっきりした答えはこれくらいです。

皮むけ乾燥肌のときの洗顔方法

泡洗顔でなくてもいい

皮むけ乾燥肌は角質が剥けやすい状態なので、なるべく肌をこすらないのが鉄則。

だとすると泡洗顔がベストです。

しかし、皮むけ乾燥肌に限らず、泡がないとダメということはありません。

泡洗顔がもてはやされるのは、みんな洗顔に時間をかけると満足できるからです。泡がないと摩擦が増えてマイナスを感じますが、泡なら不安なく時間をかけれます。

そのため、必然的に洗顔時間が伸びる傾向です。

だからサッと済ませられるなら泡洗顔でなくても大丈夫です。泡立たない洗顔料を伸ばして流す。この一連の流れだけで十分です。

皮むけ乾燥肌のときは肌に汚れがつきにくいため、そんなに丁寧に洗う必要はありません。かなり手抜きで十分です。

そう考えると泡洗顔のほうがマイナスかもしれませんね。

夜は洗顔料・朝は水・ぬるま湯で基本は決まり

夜は洗顔料を使い、朝は使わないのが鉄則です。

夜に関してはメイクをする人は必須。すっぴん、男性の人は洗顔料なしでも大丈夫です。洗顔料は皮むけが治まってきてから、量を少なめに使いだしても大丈夫です。

とにかく、1ヶ月間はセラミドを増やすことより減らす要因を減らしたほうが治りは早いです。

もしオイリーが目立ってテカるようなら、夜の洗顔料を調整。

朝は洗顔料を使う必要はありません。使わないと汚れが残っていて肌にダメージ!なんて言いますが、あれはほとんど嘘です。男性でさえ朝に洗顔料を使うと肌の調子が狂う人が多いのですから、特に女性は不要です。

ただ、夜に保湿剤でベッタベタにしている人は別。例えばワセリンでテカテカにしている人とか。

こんな人は洗顔料を多少は使ってリセットしたほうがいいです。そうでないと肌負担が増えてしまいます。いつまでも保湿剤で肌を覆い続けるのはよくありません。

つまり、ここでもその人の状況や皮脂量によって正解は異なるということなんです。

不安になるくらい早く簡単に済ませると皮むけが消える

特に女性に多いのですが、洗顔を簡単に済ませることに抵抗感を持っている人が目立ちます。

でもそれがセラミド不足を招き、皮むけと乾燥肌を生み出しています。

もうこんな肌になってしまっているのですから、いっそのこと不安になるくらい簡単に洗顔を済ませてみてください。

あなたが心配してるような肌老化は起きません。なぜなら、洗顔をろくにしていない男性でもそれが原因で肌が老化しているとは考えらないからです。せいぜい古い角質が溜まっているくらいで、大きな老化に結びついてはいません。

皮むけ乾燥肌の主原因が洗顔なのですから、毎日でなくても2日に1日は簡単に済ませるなどしてみてください。それで洗顔と皮むけの関係性に強く気づくはずです。

泡立たない簡単洗顔料の例

ビーグレンクレイウォッシュ

量の調整がしやすくスッキリ刺激なし

ドロ系のペースト洗顔料。肌に伸ばす、すぐに洗い流す。これでオイリーな男性でもスッキリ、でも乾かないくらいです。

このブランドは浸透技術に優れており、成分加工ではトップクラス。クレイウォッシュはブランドNo.1のリピート率です。

泡立たないタイプは洗った気がしないという人がいて一部不人気ですが、このクレイウォッシュはそういった不安や不満を本当に感じません。皮むけがひどいときは、水多め、洗顔料少なめで薄く伸ばし、優しく肌に伸ばす。伸ばし終わったら水で流す。これで汚れもしっかりオフ、でもセラミドを逃しません。

7日間トライアルに含まれています。アイクリームを除いてセラミド未配合ブランドですが、独自のQuSome浸透技術がセラミドのような働きをします。