サイトロゴ
  1. トップページ
  2. 皮むけしているときの洗顔料と洗顔方法

皮むけしているときの洗顔料と洗顔方法

Presented by 「顔の皮むけ対策方法~乾燥が原因?すぐに目立たなくできる方法

顔が皮むけしているとき、ひどいと水道水の水でさえしみることがあります。

こんなときでも皮脂は出るしホコリも付く。メイクをしている人はクレンジングもしないといけません。

どんな洗顔をすれば皮むけが悪化しないのか?

使う洗顔料の洗浄力も重要ですが、洗顔にかかる時間も減らしたほうがいいでしょう。

皮むけ時の洗顔料はありか?なしか?

水洗顔がベストか?

皮むけ時の洗顔に洗顔料を用いるべきかどうかは、かなり判断に困る話です。

確実に言えることは、朝の洗顔は水かぬるま湯洗顔で十分です。

そして夜は、どんな洗顔料を使うかより、とにかく洗顔時間を短くすることが重要です。

朝は洗顔料は使っちゃダメ

朝も洗顔料を使わないと肌に悪い、肌が気持ち悪いという人がかなりいますが、寝ている間の皮脂は量も汚れも少ないので、洗顔料を用いるほど取れにくくありません。

仮に、朝に洗顔料が必要だとしても、

  • 皮むけしていない
  • 皮脂分泌量が多い

という条件の人だけです。

皮脂量は圧倒的に男性が多いですが、そんな男性でも洗顔料なしで綺麗な肌を保っている人が大勢います。

ただ、皮脂量が多いと化粧ノリが悪くなりファンデーションが崩れやすくなるため、女性は洗顔せざるを得ない人はいます。皮脂が多ければ洗顔料の洗浄成分がセラミドに及ぼす影響は低くなります。

顔の皮むけはセラミド不足

それでもぬるま湯の温度次第で十分スッキリします。温度があまり熱いとこれまたセラミドが減ってしまうのでダメですが、ぬる目のお風呂くらいの温度で水洗顔すればまずメイクのりに影響は出ません。

皮むけを起こしているということは、今までのスキンケアに間違いがある証拠です。

セラミドを失う原因の大半は洗顔とクレンジングなので、朝の洗顔料使用に慣れている人は、これを機会にスパッと朝の洗顔料使用をやめるべきです。

夜は使ったほうがいいが皮脂量によっては不要

基本的に夜は洗顔料を使ったほうがいいです。

朝と違い、日中のストレスを受けながらの皮脂分泌とホコリにより、かなり汚れが濃く付着しているからです。

皮脂がほとんど出ていない人は洗顔料なしで構いません。取れにくい汚れは油なので、皮脂が少なければ水性の汚ればかりです。それなら水洗顔、ぬるま湯洗顔で十分です。

一概に夜は洗顔料を使うべきとは限らないので注意。

一方で角質培養のように誰しもが洗顔料を使わないと、中にはニキビが多発したり、脂漏性皮膚炎になって皮むけする人も出てきます。

おすすめの洗顔料・洗顔方法なんて当てにならない!

ネットや雑誌で、肌が綺麗になる洗顔方法やおすすめの洗顔料が紹介されていますよね。でも、洗顔に関しての情報は本当に当てになりません!

なぜなら、保湿化粧品と違って「使い方」で洗浄力に大きな差が出るからです。

  • 皮脂分泌量
  • 汚れやすい環境にいるのかどうか

この時点で、そもそも洗顔料がいらないくらいの人もいます。逆にドロドロの人もいます。

さらに、

  • 取り出した洗顔料の量
  • 加えた水の量
  • 洗うときの力加減
  • すすぐまでの時間

これだけ違うので、同じ洗顔料で同じ洗顔方法を試しても、100人中100人がバラバラの結果になります。

保湿化粧品に関しては、むちゃくちゃな塗り方をしない限り、使う量の差くらいなので効果は同じようにもたらされます。だから保湿化粧品に関してはおすすめを参考にできます。

でも洗顔料に関しては、その洗顔料を使うことを前提にした、使う人の汚れ具合に応じた洗い方、洗顔時間が求められます。

この方法なら安心!ということはなく、とにかく「時間をかけないで洗う」というのが皮むけ時に重要です。

皮むけ肌にマイルドな洗顔料が正解とは限らない

洗浄力がマイルドな洗顔料を使うべきか?

必ずしもマイルドな洗顔料を使う必要はありません。

肌の汚れ具合によっては、マイルドな洗顔料を使ったほうが皮むけが悪化することもあります。

皮むけ時に用いる洗顔料に応じて、

  • 使う量(泡の洗浄成分濃度)
  • 洗顔時間

この2つを工夫すれば、基本的にどんな洗顔料を使っても大丈夫です。

当然ですが、角質を剥がす、溶かすようなスクラブ入り、酵素入りはNGです。

優しいのは弱酸性アミノ酸系

皮むけ肌には、普通の石鹸のようなアルカリがきついものは避けたほうが無難です。例えば赤箱などと呼ばれる牛乳石鹸です。

弱アルカリの昔ながらの洗顔石鹸は、非常に脱脂力が強いため、角質が荒れた皮むけ肌にはより悪影響が出やすいからです。

脱脂力が強い、その上、本来は届かない角質層の奥部分に洗浄成分が侵入します。

よりセラミドが減って皮むけが悪化します。

できれば弱酸性のアミノ酸系洗顔料がベスト。これは洗浄力が低い分刺激も少ないです。

ただ、弱アルカリの洗顔石鹸は一瞬で洗えるというメリットがあります。

皮脂汚れが多いなら弱アルカリのほうがいい場合もある

皮脂量が多くて顔の汚れ多い場合、弱酸性の優しい洗顔料だとイマイチ皮脂汚れが取れない、特に小鼻のフチやTゾーンなどの洗い残しが出やすくなります。

それが気になると指先で洗顔料をなじませて洗いますよね。でもその間、もう十分洗えている部分に洗浄成分が付着しっぱなしです。つまり、時間をかけて洗っている間、もう洗っちゃいけない部分にまで洗浄成分が作用し続けます。

その結果、余計にセラミドが減ってしまい皮むけが悪化してしまいます。

それだったら、弱アルカリの洗顔料でも、

  • 水を多くくわえて洗浄力を落とす
  • なじませてサッと洗い流す

といった方法を取ったほうが、皮脂汚れも綺麗に落ちてセラミドへの影響も摩擦減ります。

皮むけしているから弱アルカリの洗顔料はダメ!とも言い切れません。

ただ、弱アルカリはどうしても刺激を生みやすく、皮むけ肌のときはこれが顕著になります。

ピリピリ刺激を感じてしまうのです。

皮むけ乾燥肌でなくてもピリピリ感を感じる人は多いです。こんな人は、皮脂汚れがどうとかに限らず、弱酸性の洗顔料を使うべきです。

このように、洗顔料はこれを使えばO.K.ということはありえません。あまり過信せず、自分の肌の汚れ具合を素直に認識して、なるべく時間をかけないで洗い上げましょう。

泡フォームタイプは避けたほうがいい

最初から泡状になっている洗顔フォームがあります。これは皮むけ乾燥肌には使わないほうがいいです。

このタイプの洗顔料は、泡立てる手間もないですし、細かい弾力ある泡で洗えるので摩擦刺激が減ります。

これだけなら皮むけ肌に良さそうですが、既に泡として完成している点が問題です。

通常は自分の手で泡立てますが、その際に加える水の量、使う洗顔料の量、この2つを調整することで洗浄力を抑えることができます。

仮に弱アルカリのきつめの洗顔料であっても、水の量を増やせば洗浄力は落ちます。むしろ短時間でさっと汚れを落とせるため、摩擦刺激を減らせるメリットもあります。

でも最初から泡として完成している洗顔フォームは、そこから水を加えて濃度を調整できません。そのため弱酸性であっても洗浄成分が濃いことがあります。

また泡立てそれを維持するための発泡成分も多く含まれています。肌にとって決していいものではなく、バリア機能が落ちている皮むけ肌には刺激になりえます。

保湿成分たっぷりに注意

乾燥肌の人にとって、洗顔後はなおさら乾燥が気になります。そのため、保湿成分たっぷりの潤う洗顔料が人気です。

ですが、潤い成分が多い洗顔料は皮むけ乾燥肌を悪化させる恐れがあります。

通常、洗顔後は誰でも肌がスッキリします。肌の上に何も残っていないような感じになりますよね。

でも乾燥肌の人は突っ張りを感じたり、ピリピリして乾燥を強く感じます。

これを防ぐのが潤い成分が多い洗顔料です。

潤い成分が肌に残ることで突っ張り感が減ります。

ですが、潤い成分があることで洗いすぎていても気づかないデメリットがあります。

本当は洗いすぎてセラミドを失っているのに、潤い成分のおかげで乾燥を感じません。

皮むけ乾燥肌だから潤い成分に興味が沸くのは仕方がありませんが、それでセラミドが増えるわけでもありません。普通の洗顔料でいいので、とにかく洗いすぎないことを重視してください。

洗顔で潤いを求めちゃダメ!

洗顔料に保湿を求めてはいけないのか?

乾燥肌だから洗顔が重要!洗顔にも潤いを!と思いたくなりますが、洗顔は汚れを落とす作業です。潤いを与えるのは保湿化粧品。この役割はきっちり分けましょう。

洗顔をしたらどうやってもセラミドは減ります。保湿成分で守ろうとしても無駄。時間をかけないほうが遥かにセラミドを守れます。

洗顔料で肌が潤うという人もいますが、それは一時的だったり、界面活性剤の影響です。

洗顔終わりのぬるっとした感触は潤いではありません。これは界面活性剤が肌に残っているからです。ただのすすぎ不十分です。

界面活性剤は水を吸い寄せる力があるので、肌に残っていると水分を蓄えるので潤っているように感じます。そのままにしておくと、角質層に影響を与え続けてラメラ構造が壊されるだけです。

洗顔料の保湿成分で皮むけ乾燥肌を潤すのは無理です。

洗顔は短時間ですばやく!潤いはセラミドで簡単に補う!これで十分です。