1. トップページ
  2. 洗顔が悪いと皮むけを悪化させてしまう

洗顔が悪いと皮むけを悪化させてしまう

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

皮むけ乾燥肌の原因は洗顔とクレンジングがほとんどです。

特に洗顔に対する勘違いが原因です。

洗顔は美肌にとって不可欠なスキンケアですが、簡単なようでとっても難しいことです。多くの女性が洗顔の間違いに気づいておらず、皮むけ乾燥肌に陥っています。

こんな洗顔で皮むけ乾燥肌になってしまう

洗顔で肌を綺麗にしようと考えている

美容雑誌やTVの情報、洗顔料の広告などを見ていると、洗顔が肌を綺麗にするというイメージになります。

これが大間違い。

確かに洗顔をしないと肌は老化しやすくなります。しかし、洗顔時間を伸ばしてはいけません。

特に女性は洗顔時間が長すぎます。その理由は、しっかり汚れを落として化粧水の浸透を助けて…といったことですが、その意識が洗顔時間を過剰に伸ばしています。

洗顔はあくまで汚れと不要な角質を落とすだけ。それ以上やるとセラミドなど細胞間脂質が減少してしまい、接着剤を失った角質がポロポロ剥け始めるのです(セラミドと皮むけ乾燥肌の関係についてはトップページにて)。

手触りで潤いが残っているかで洗いすぎを判断する

普通の石鹸で洗顔すると、かなり少量、短時間でやらないとつっぱります。

でも顔用の洗顔石鹸や洗顔フォームだと、意識的に長時間洗わないとつっぱることがありません。

でも、後者は本当に突っ張っているのかどうか分からないんです。

特に美肌になれるような美容洗顔料は注意!

この手の洗顔料には潤い成分が多く配合されているからです。この潤い成分は洗顔後も肌に残ります。そのため手触りも質感もつっぱり感がなくて、とても洗いすぎているように思えません。

しかし、肌自体はそうでもないことが目立ちます。

本当は突っ張っているのに、洗顔料の潤い成分が肌にあるから気づいていないだけかもしれません。

私の洗顔は上手。突っ張っていないし潤いが残っている、と考えるのは、じつは洗いすぎて皮むけ乾燥肌の原因になっているのかも。

弱酸性・敏感肌向けを信用しすぎる

普通の洗面所にある石鹸は弱アルカリ性です。最近だと牛乳石鹸で洗顔をする女性が増えていますが、一般的に刺激が強いとされる弱アルカリ性です。

皮むけ乾燥肌は敏感肌です。この肌質が弱アルカリ性石鹸を使うと刺激を感じやすいです。なので弱酸性の洗顔料が使いやすいです。

でも弱酸性だから刺激がないわけじゃありません。感じにくいだけで、しっかり洗顔料なのでセラミドを溶かし出します。これは同じです。

弱酸性、敏感肌向けという言葉に安心しきってしまい、丁寧に丁寧に洗っていないでしょうか?

いくら刺激と洗浄力が控えめな洗顔料でも、その分だけ洗顔時間が伸びれば弱アルカリ性洗顔料と大して差が生まれません。

バカとハサミは使いようと言いますが、まさしく洗顔料の弱酸性と弱アルカリ性は使いようなんです。

皮むけ乾燥肌の洗顔方法

皮むけ肌はあまり洗う必要がない

洗顔の役割は、ホコリが混じった皮脂汚れや、クレンジングで浮いたメイク、そして不要になった角質を落とすことです。

角質に関しては既に剥けやすいので放って置いてもいいくらいです。優しく優しく洗顔するだけで勝手に剥がれます。

そして皮むけ乾燥肌の場合、だいたいは皮脂も不足しておりあまり頑固な汚れが肌に付着していません。

なので通常の洗顔の半分の時間で十分です。

それだと不安になるでしょうが、十分な時間洗うとセラミドが減り、いつまでも十分なセラミド量が回復しません。

一度思い切って、洗顔時間を大幅に減らしてみましょう。それだけで皮むけ状態が一気に落ち着くことも多いんです。

なるべくこすらないように。ただし時間に注意

既に皮むけしやすい状態なので、普通のときの洗顔より摩擦は極力減らしましょう。

ただ優しく洗顔しようとすると時間がかかりやすくなります。

いくら優しくこすらず洗えたとしても、洗顔時間が伸びてはセラミド不足になり意味がありません。

泡洗顔はモコモコした泡で洗えるため摩擦が少ないですが、それだけ洗顔時間が伸びやすくなる傾向です。いっそのこと泡立たない洗顔料を肌になじませてすぐに流すだけのほうが皮むけは治まりますよ。

洗顔料は使い方次第

皮むけ乾燥肌だから弱酸性の洗顔料、敏感肌専用のものを使わないといけない、ということはありません。

弱アルカリ性は洗浄力が強くてセラミドへの影響が強く、たんぱく質変性作用により刺激を感じやすいのがデメリット。

ただ、少量の弱アルカリ性洗顔料を水でよく伸ばし、サッと肌に馴染ませてすぐに洗い流す方法も皮むけ乾燥肌には有効です。

特に皮むけしているけど皮脂が多めの肌質には快適です。

弱アルカリ性の脱脂力により皮脂がサッととれますが、一瞬なのでとりすぎにならず、かつさっぱりします。基本的には水洗顔だけでは物足りないのを補うイメージですね。

弱アルカリ性洗顔料は肌にしみる!というなら弱酸性を使うべき。

でも洗顔時間には注意。

結局は、どの洗顔料が正解とかはないんです。どうつかうか?自分の肌質に使えるかどうかです。

朝は洗顔料不要

皮むけ乾燥肌の場合、まず間違いなく朝は洗顔料不要です。

健康な肌の人でも朝は水、ぬるま湯だけで洗う人に美肌が多いです。

朝はほとんど頑固な汚れが付着していないから、洗顔料を使うまでもなく、使うことでセラミド不足が悪化してしまいます。