1. トップページ
  2. 皮むけ肌に適した保湿化粧品特徴と違い

皮むけ肌に適した保湿化粧品特徴と違い

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

皮むけ乾燥肌は主に洗顔がきっかけによるセラミド不足が原因(皮むけ乾燥肌は洗顔が原因)。

洗顔を見直すだけで次第に皮むけも乾燥も治まるはずですが、より良い保湿化粧品に出会えるとピタッと見た目が良くなります。

皮むけだからこそ欲しい保湿化粧品の特徴

角質層の内側から繋ぐ成分

ワセリンは無害で安くて使いやすい万能保湿剤と言えますが、皮剥け肌の場合は上から角質を押さえつけているだけ。見た目の改善には適しているものの、皮むけ乾燥肌改善にはみなさんが想像しているより無力な場合があります。

それは、もろく剥がれやすくなっている角質同士を繋ぐ機能がないからです。

この機能を本来果たしているのがセラミドなど細胞間脂質です。なのでセラミド主体の保湿化粧品が勧められるのです。

セラミド以外では?となると、リポソーム加工された保湿成分だったり、何かしら角質層の内側で水分保持をしながら粘るような成分です。

これは成分種類というより、各ブランドの工夫によるところが大きいですね。ブランドと配合成分がほぼ一緒の2つの保湿化粧品で比較した場合、ある一方は明らかに皮剥けを落ち着けてくれるのに、もう一方はさっぱりダメということはよくあります。

だから最初の一つはベーシックにセラミドを選んでおくのがベターというわけ。

刺激性重視の姿勢

今の保湿化粧品は敏感肌に使えるという謳い文句は当たり前。ただ皮剥け状態は敏感肌の中でも特殊。さらに敏感と考えていい状態です。

こう考えると、メーカーとして、他のブランドより刺激性はもっと気をつけているよ!という自信、そうと言える具体性が欲しいところ。

化粧品業界の裏を見ると、だいたいはメーカーがこの成分でこの配合で作って!と下請け工場に依頼して作成しています。なので敏感肌に使えますよ!というのは、ある意味設計上の話。

ところが、刺激性というのはそこで決まるのではなく、成分精製の純度、不純物の少なさ、製造工程、そういったもので決まってくる部分があります。なので、例えば自社工場でやっているとか、他のブランドより刺激性チェックを入念にやっているとか、そういったものが欲しくなってきます。

そして実際に売れている、売れ続けている敏感肌向け保湿化粧品は、この点において特徴があるメーカー、ブランドのものが目立っていますよ。

弱っているバリア機能を補完

ワセリンが優れているのは、水分蒸発を防ぐだけでなく、外からの刺激を強力にブロックするからです。

皮むけ乾燥肌にとって外からの刺激カットは隠れた重要性があります(保湿が効かない!刺激が皮むけ乾燥肌の大きな原因)。

水分蒸発に関してはいわゆるフタ機能ですが、これはセラミドを補えば済むので重要ではありません。重要なのはバリア機能をどうやって補うかです。セラミド捕球でそれは可能なものの、皮むけ状態では不完全です。

ワセリンは強力なもののベタつき、テカリ、オイリー肌との相性の悪さがあります。

他に代わりがなかったところ、特許技術として出てきたのがヴァイタサイクルヴェールという技術。これがまさに、剥がれ落ちて薄くなったバリア機能そのものを補ってくれる技術です。

この技術はポーラ・オルビスグループのDECENCIAのもの。このブランドにしか採用されていません。使ってみると分かりますが、ワセリンを塗った時と同じ肌の落ち着き具合、安心感があります。でもベタつきは30分の1以下といったところで、非常に使いやすく有用な技術です。

価格帯はクリーム単体で5,000円くらいまでが目安

皮剥け乾燥肌のために用いる保湿化粧品。その価格帯ですが、基本的に美容作用は無視していいので、純粋に保湿だけあれば十分。

そう考えると、いくら高級でもクリームで5,000円くらいまでが目安。

それ以上だといくら高くなっても1万円まで。

高価な化粧品は何かと、そのときの最先端美容技術や成分が用いられており、それが価格に上乗せになっています。なので5,000円を超えることが当たり前。

でもセラミドだったり純粋に保湿特化であれば、高級であっても5,000円で十分利益が出る分野です。

もちろん量にもよりますが、どこもだいたい量は似たようなものなので、5,000円までを目安に選んでおけば、高級すぎて無駄ということはありません。

逆に最低価格は、2,000円台が目安です。それ以下だと若干品質保持に不安があるものが出てくるからです。ただあくまで目安です。安くてもめちゃくちゃいいものもありますからね。

皮むけ乾燥肌対応の保湿成分ならこれ

ヒト型セラミド

セラミドは皮むけ乾燥肌対応の代表格。まさしく原因そのものを補えます。

その中でもヒト型が一番メリットがあります。

他にも天然セラミド、疑似セラミドがありますが、今一番安定して手に入りやすく、かつ効率性にも優れているのがヒト型です。

セラミド保湿化粧品でよく売れているのも間違いなくこれです。

ライスパワーエキスNo.11

保湿成分としては唯一医薬部外品として改善作用が認められいるのがこれ。セラミド産生を促し、肌の水分保持機能を改善する作用があります。

成分の原材料は国産米。これを発酵させて作るエキスで、いわゆるSK-2などの発酵コスメと元は似ています。

日本人に馴染みがあってアレルギーリスクの不安もない。そして何より、べたつかず長時間マイルドに潤いをキープするため、顔だけでなく体全身に非常に使いやすくなっています。

NMF(主にアミノ酸)

セラミドが角質細胞同士の隙間にあるのに対して、NMFは角質細胞の中にある保湿成分。

セラミドのように角質の接着剤とはなりませんが、高い保水力があることと、元々角質層にある成分なので刺激性リスクもなくて使いやすいのがメリット。人気ブランドSK-IIはこのNMF含有量が多いのが特徴です。

皮むけ乾燥肌にはNMF単体だと物足りませんが、セラミドと一緒に配合されていることが多く、まさしく健康な肌状態を再現してくれる成分と言えます。

ヒアルロン酸・コラーゲン

保湿化粧品の定番中の定番。ただ油分性がなく、角質層の中で安定するわけじゃないので皮むけ乾燥肌には単体ではいまいち。

しかし、セラミドなど接着性のある成分との相性は抜群。

内側からセラミドで保水し角質層を安定化。その外側から高い保水性でピタッと角質を押さえてくれる組み合わせは、見た目もさることながら、非常に長く水分維持を可能としてくれます。