1. トップページ
  2. 顔だけ皮むけする理由

顔だけ皮むけする理由

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

皮むけトラブルは顔だけ。

洗顔が原因だとは言うけれど(皮むけ乾燥肌は洗顔が原因)、だったら風呂で強く洗っている体が大丈夫なのはなぜ?と思えてきます。

これは単純な話で、みなさんが思っているより顔というのは皮膚が薄い。そして弱いからです。

顔は他の皮膚より薄くてセラミド量が減りやすい

顔の皮膚は体より角質層が薄い

顔の角質層は体のそれより30%ほど薄くなっています。

体が上質の紙で、顔がちょっと安物の紙と例えればいいでしょう。両方ともゴシゴシこすったり、何度もクシャクシャにした場合、薄い紙は穴が空いたり一部が薄くなったりします。だから体はゴシゴシ洗っても皮むけまで悪化しにくいんです。

もし体の洗い方で顔を洗うと、どれだけ健康で綺麗な肌の持ち主でも一発で荒れます。つまり、誰だって顔は皮むけ乾燥肌になる用意ができているんです。

顔の皮膚はダメージから再生しにくい

体でもゴシゴシ洗いすぎると荒れたり乾燥したりします。でも、だいたいは再生して問題なくなります。

でも顔は一度皮むけになるとしつこいですよね。なかなか治りません。

これも角質層の厚みが関係しています。

角質層の厚みが分厚いということは、角質層としての活躍期間も長いということ。いわば控えの選手が厚いということです。だから表面の角質層が多少荒れたとしても、次に生まれてくる角質細胞が十分な状態で十分な量控えている。なので大事にならずに済みます。

でも顔の皮膚は3分の1以下。

なので一度荒れてしまうと、次に控えている角質細胞では足りなくなります。そしてその後は負のループです。

顔が特に老けるのは皮むけしやすいから

顔だけ服は着ないから老けやすい

人間が老けたと見られるのは主に顔ですよね。体ではないです。

この理由は、顔は服を着ていないからです。顔の皮膚は常に外に出っぱなし。外気に触れ続けています。

体のほうが皮膚が分厚くて皮むけしにくい上に、服で守られています。でも顔は薄くて皮むけしやすい。そしてさらに外気に触れ続けています。

この環境が何十年と続くことで、顔には大きなダメージが蓄積されていきます。その結果、顔が早く老けてしまいます。

皮むけを防ぐことで若くいられる

皮むけ乾燥肌はただ単なる見た目のトラブルと思っていてはいけません。皮むけ状態を続けると、より一層老けやすくなります。

ポロポロむける皮の正体~10倍老化が早くなる

顔は弱い上に無防備。これを解決予防できるのは、セラミドなど細胞間脂質によるバリア機能しかありません。

あなたが周りより若く見られ続けたいなら、高価な美容液を買う前に、皮むけしない肌作りをするべきなんです。