1. トップページ
  2. なぜ顔だけ皮むけするの?体は大丈夫なのに……

なぜ顔だけ皮むけするの?体は大丈夫なのに……

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

顔の皮向け肌ケアは、基本的にセラミド補給が基本。ですが、体は大丈夫なのに顔だけ皮むけになる理由って分かりますか?

顔だけ……という理由が分かれば、肌がもっと綺麗になって剥けることなんてなくなります。

顔だけ皮むけする理由3つ

1.思っている異常に顔の皮膚は体より薄い・弱い

体を洗うときって、そんなに気を使わなくても大丈夫ですよね。でも顔でそんな洗い方をしたら肌荒れしますよね?

顔の皮膚というのはみなさんが想像しているより薄くて弱いです。例え泡洗顔で優しく洗っていても、かなり多くの人が「洗いすぎている」んです。これが体の皮膚なら大丈夫。でも顔の皮膚は薄くて弱いから悪影響が出ます。

仮に洗顔料やクレンジングなしで、そのまま肌を強くこすった場合、元の状態に戻るのに24時間以上かかります。

体は大丈夫でも顔だけ皮むけするのは、まず顔の皮膚が思っているより弱いからです。

2.顔だけ皮むけする人はほぼ100%洗い過ぎ

かなりの潔癖症の人の肌って皮むけして荒れているんです。なぜなら頻繁に洗うから。まあもっとひどい状態のことが多いですけどね。

顔の皮むけもこれと同じ!

角質培養という極端なスキンケア方法がありますが、あれをするとアトピー性など疾病を除けば皮むけは結構な確率で改善に向います。他に問題が起きますが、とりあえず皮むけは多少改善します。

これは、洗顔・クレンジングによって、細胞間脂質であるセラミド等が失われているのが止まるからです。

肌に汚れを残すと良くありません。でも、大半の人は洗い過ぎ。汚れやメイクがもう落ちているのにまだ洗っていると、今度はセラミド等が減っていきます。セラミドも油脂なので、皮脂汚れやメイクと同じ性質なんです。

弱酸性の洗顔料は優しいのは確かですが、時間をかけすぎているといくらなんでも皮むけします。肌の影響力は「洗浄力×時間」です。

肌表面の汚れなんて、今の洗顔料なら馴染ませた瞬間に落ちています。それ以上なじませてクルクルするのは、全て皮むけ原因になります。

少なくとも朝はぬるま湯洗顔で十分です!皮脂が多い男性でもそれで十分なんですから……

そもそも、皮膚が分厚くて頑丈な体を洗うより、顔のほうが丁寧に時間をかけて洗いますよね?セラミドが失われて皮むけするのは当然です。

3.顔の皮膚が薄いため一度乱れると戻りにくい

体の皮膚は分厚いため、仮に皮むけ状態になっても、皮膚全体の厚みがあるため自然に戻りやすいです。

ところが顔の皮膚は薄いため、角質が薄くなり細胞間脂質が減ると、モロに刺激を受けるため炎症を起こしやすくなります。体の皮膚が赤くなっている人は少なくても、顔だけうっすら赤い人は多いですよね。

炎症を起こすと表皮細胞(後に角質になる)の成長スピードが早くなって未熟になったり、セラミドをうまく作れなくなります。

一度こうなると、寝不足やストレスなどの見えに見えなかった影響がモロに出てきます。荒れた角質に一般的な保湿は長続きしません。