1. トップページ
  2. 皮むけ乾燥肌に効く医薬品

皮むけ乾燥肌に効く医薬品

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

顔の薄皮が乾燥により剥けてしまう症状。

皮膚科に行くとアレルギー有無の判断や保湿剤の処方がしてもらえます。痒みがある場合は抗ヒスタミン剤の飲み薬なども処方してもらえます。

でも、皮むけ乾燥肌自体を治すような薬は処方してもらえません。なぜなら、そんな薬は存在しないからです。

なぜ皮むけ乾燥肌に効く薬がないの?

原因の多くが「その人自身」にあることが大半なので、そもそも皮むけ乾燥肌を止める薬なんてないのです。

あるのは、症状を抑える、併発するトラブルを治す薬くらいです。

皮むけ乾燥肌の原因は自分自身にあることがほとんどだから

皮むけ乾燥肌の原因は、皮膚病や先天性のものを除けばほとんどが後天性。スキンケアの間違いや生活習慣が原因です。

だから、その原因を取り除くのが一番の薬なんです。その努力を補助してくれるのがセラミド保湿化粧品というわけです。

さすがにスキンケアや生活習慣を是正する薬なんてあるわけありません。

処方されるヘパリン類似物質配合も保湿剤に過ぎない

処方される保湿剤は、美容目的での利用で問題となっているヘパリン類似物質のビーソフテンなどです。

非常にシンプルな成分構成で刺激がなく、皮むけ状態にも安心して使える保湿剤です。

確かにヘパリン類似物質は乾燥肌にいい薬です。ただ実質は保湿剤に過ぎません。

これで美肌になる!乾燥しなくなった!と言っている人の大半は、それまでの保湿化粧品が使えない品質だったものと予想できます。保湿化粧品といってもいろいろで、使い心地重視で肌表面の潤いだけ強調したものも多いからです。そういった製品なら、ビーソフテンなどに切り替えることで乾燥状態は大幅に改善するはずです。

ただ、だからといって皮むけ状態が改善するかというと別問題です。

皮むけの見た目は一時的落ち着きますが、それは見た目の話であり「治す」までの効果はありません。あくまで保湿剤です。

ヘパリン類似物質も薬なので副作用も懸念される

ほとんど稀有に終わる心配ですが、ヘパリン類似物質配合の保湿剤も薬は薬なので、一応副作用的なリスクも潜在しています。

ヘパリン類似物質は保湿剤であると同時に、血流を促進して肌のターンオーバーを促進したり、患部の回復を早める作用があります。この血流促進作用が災いしてしまい、かゆみや赤みを帯びることがあります。

また処方箋によって処方されるように、この期間使ってくださいという使用期間があります。ヘパリン類似物質配合の保湿剤は非常に優しい製品ですが、化粧品ではないので常用は考えられていません。そのため、これを皮むけ乾燥肌の特効薬として用いるのはどうだろうか?と言えます。

勘違いしやすい!皮むけ乾燥肌の薬にならないもの

薬局に行くと尿素配合の保湿クリームがあります。これが効くと勘違いしている人がいますが大間違いです。

尿素は角質細胞内で保水作用を発揮するNMFの一種です。ですが、尿素を一定濃度で肌に塗布すると、保水作用なんかより角質を剥がしてしまいます。

主に角質を柔らかくして剥離を促し、それによりターンオーバーを促して肌の生まれ変わりを促進させます。

だからガチガチでひび割れしてしまう「かかと」の保湿ケアに用いられます。

皮むけ乾燥肌にとっては全くの逆効果になるので、尿素は避けるべき成分です。

皮むけ乾燥肌の薬に近い医薬部外品ならある

医薬品の手前になる医薬部外品。これなら皮むけ乾燥肌のためになる成分があります。

ライスパワーエキスNo.11です。

皮むけ乾燥肌とライスパワーエキスNo.11化粧品との相性

セラミド生産を促進して肌の保水力を改善する作用があります。

ただし、これも補助的なものであって、洗顔やクレンジングでセラミドを失いすぎていたら意味がありません。寝不足でターンオーバーの時間が短いとライスパワーエキスNo.11の作用が働く時間が足りません。

結局は補助的なのに過ぎないわけ。

幸いにもライスパワーエキスNo.11配合のクリームは皮むけ状態を目立たなくするファンデーション機能に優れています。それでいて改善作用もあるので、何か薬に近いものと思うならライスパワーエキスNo.11のクリームで決まりでしょう。