サイトロゴ
  1. トップページ
  2. 皮むけ乾燥肌に効果がない保湿方法・スキンケア

皮むけ乾燥肌に効果がない保湿方法・スキンケア

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

顔の皮むけはセラミド不足なので、素直にセラミド保湿化粧品を使うべきです。

それ以外の方法がダメってわけじゃないですが、あまり良い結果にはならないですね。そもそも保湿化粧品が肌に合っていなくて皮むけしていることもかなりあります。

無理に保湿することで余計に剥けてしまう原因にもなります。

素直にセラミド保湿化粧品を使うのが正解です。

顔の皮むけ直接原因はセラミド不足

水分を浸透させるケアは皮むけ悪化原因になる

皮むけ乾燥肌は普通の保湿をしても一向に良くなりません。

保湿は一般的に水分を与えて肌を湿らせることですが、その代表となる化粧水は皮むけ乾燥肌に逆効果な可能性があります。

  • 化粧水の大量使い
  • 蒸しタオル

これらスキンケアは顔の皮むけを悪化させる恐れがあります。

無理な水分浸透はラメラ構造と角質細胞を壊す

お風呂で長風呂すると指先が白くふやけますよね?

あれ、どうなっているかというと、角質細胞の膜(ケラチン)に水分が浸透しすぎている状態です。

お風呂の熱で皮脂と細胞間脂質が奪われ、隙間に水分が入り込むからです。

油もののお皿は水よりお湯のほうが綺麗に落ちますよね?肌も同じです。

セラミドの綺麗なラメラ構造は壊れてしまいます。ラメラ構造は一度壊れると、角質層がターンオーバーで入れ替わらないと元に戻りません。

セラミドによるラメラ構造が角質同士をくっつけ、肌水分量も維持しているのですから、無理な水分浸透は顔の皮むけに逆効果なことが分かるでしょう。

さらに、大量の水分が角質細胞の膜を破ってしまいます。

角質細胞の膜であるケラチンは水分を吸って膨らみます。状態や頻度によって膜は破けます。いわゆるすごく薄い爪みたいなものです。分厚い爪でも割れたり、お風呂で柔らかくなることを考えれば、顔の薄い皮膚ならもっと弱いのが想像できますよね。

つまり……

大量の水分浸透や熱は、角質層をぶっ壊してしまう可能性があるということ。

皮むけしている肌に悪いのはもちろん、今なんともない肌も、こういったケアをしつこくやると皮むけを発症するかもしれないのです。

シートマスク・コットンパックも逆効果

シートマスクやコットンに化粧水を染み込ませてパックする方法があります。

確かに角質層への水分浸透量は増えます。

ただ水分が蒸発して失うスピードは変わりません。結局は肌から逃げていきます。

化粧水など肌の外から浸透させて水分は、そのほとんどがセラミドに確保されません。

なぜなら、セラミドの脂質部分によって弾かれるからです。

セラミドに相手にされなかった水分は不安定でフラフラしています。そのためすぐに蒸発してしまいます。

それだけならまだいいのですが、肌の水分も一緒に引き連れて蒸発してしまいます。

セラミドに守られている水分は大丈夫ですが、角質層のセラミドは全てラメラ構造をとっているわけではありません。そのため、守られていない水分は外から入ってきた水分とくっつき、一緒になって蒸発してしまいます。

お風呂上がりや洗顔後に、肌が濡れたままだと余計に乾燥するのは、お湯や洗顔でラメラ構造の一部が壊れ、不安定になった水分が肌表面の水分とくっついて蒸発してしまうからです。

確かに水分が角質層に多く浸透すると気持ちいいし、一時的に肌もきれいになります。

ですが皮むけ乾燥肌の仕組みを考えると、それは意味がないスキンケアということが分かりますね。