1. トップページ
  2. 保湿が効かない!刺激が皮むけ乾燥肌の大きな原因

保湿が効かない!刺激が皮むけ乾燥肌の大きな原因

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

皮むけ乾燥肌の原因は基本的にセラミド不足による、角質細胞の接着不足です(詳しくはトップページにて)。

だからセラミドを補う、増やすことで皮むけ乾燥肌は改善します。

しかし、それでも皮むけ乾燥肌が思ったように改善しない人がいます。そんな人に目立つのは刺激が存在しているということ。

刺激による炎症が皮むけと乾燥肌を生み出す

皮むけ乾燥肌の原因であるセラミド不足。

この原因には、洗顔のしすぎによるセラミド過剰流出の他に、刺激による炎症、炎症によるセラミド産生妨害も大きな原因となっています。

参考:皮むけ乾燥肌は洗顔が原因

ピリッとした刺激でも実は怖い

化粧水がしみたり、乾いた空気が肌に当たるとピリピリする。そんな程度の刺激でも、実は皮むけ乾燥肌がの大きな原因になります。

一見その時だけの刺激に思えますが、そういった刺激を感じるということは、自覚がない刺激を無数に感じているという証拠です。気づいていないだけ。

多くの人は、刺激感が続いたり、明らかに肌荒れしないと何も対策を取りません。でも確実に肌を痛めているんです。

見えない炎症が皮むけ乾燥肌を生み出す

小さな、自分でも感じないような刺激でも肌ダメージは大きくなります。

細かな刺激は炎症を起こします。これも肌が赤くならないため気づきません。でも確実に炎症です。この炎症が肌細胞の生まれ変わり、ターンオーバーを阻害し、セラミドも生産も邪魔します。

確かにセラミド保湿することで皮むけ乾燥肌が治まったように見えるのですが、それはセラミドを補えているからであって、炎症が続く限り、実は皮むけ乾燥肌は改善されていないのです。

こんな刺激を減らしてみよう!皮むけが治まっていく

洗顔時の水刺激を減らす

水というと無害に思えますが、皮むけ乾燥肌になると刺激になります。

水が刺激にならないのは、それだけ肌のバリア機能が働いているから。水は基本的に肌に浸透しません。でも皮むけ乾燥肌のようにセラミドが不足して、角質層が荒れていると水が思わぬ深さに浸透します。これが刺激となります。

特に水道水の塩素に反応しやすくなります。アトピー肌の人は特に塩素敏感になるのはこのためです。

皮むけ乾燥肌は水・ぬるま湯洗顔が有効ですが、だからといっていつまでも長時間洗っているのもよくないというわけです。

肌に触る・触れるのをできるだけ避ける

メイクの際にファンデーションを伸ばす、メイク落としのときのクレンジング摩擦。

どれだけ丁寧に軽くやったとしても、思っている以上に刺激になっています。

皮むけしているときは、浮いた角質が毛羽立つため、それを隠そうと何度もファンデーションを塗り重ねがち。でもその増えた回数分だけ皮むけ乾燥肌悪化の元となります。

これはトップページの最後にも書いてあるように、洗顔後にセラミド美容液かクリームを塗っておくことでほとんど解決します。

セラミドケアは皮むけ肌の改善のための他に、肌刺激を減らすという意味でも重要なケアなんです。

寒暖差を避ける

特に冬場の寒い時期に皮むけがひどくなります。これは空気が乾燥しているだけでなく、乾いた空気が刺激となるからです。

特に寒い外と暖房のきいた室内の行き来は肌負担になります。

急激な外気の変化は刺激となってしまうんです。特に毛細血管の血流が急激に上下動すると肌がピリピリしてきます。血流が良くなるのはいいのですが、悪くなったり良くなったりの差が激しいと良くありません。

あまりに魅力的で高価な美容液やクリームを使わない

肌にとって必要なのは、水分保持と紫外線カット。そして睡眠です。与える系で言うなら、基本的にこの3つに勝るスキンケアはありません。

世の中には1万円を超えるような美容液やクリームは珍しくありません。

しかし、さっきの3つをかなえる、助ける視点で見ると、高級美容液としても1万円は超えません。超えるとしたら品質、そして保湿と紫外線カットによっぽど優れているかです。

でも実際、その高い水準の1万円超え化粧品はあまりありません。

少なくとも皮むけしているときは不要です。とにかくセラミド不足を何とかするべきで、今使うべきアイテムじゃありません。

そして問題なことに、魅力的な文言が並ぶほど、年だの割に刺激が多いということも。確かに美容作用があったとしても、美容作用がある成分は刺激が伴うことが多いです。ただでさえ敏感な皮むけ乾燥肌にとっては無用で逆効果のことが多いのです。