サイトロゴ
  1. トップページ
  2. ヒト型セラミドが皮むけ乾燥肌に適している理由

ヒト型セラミドが皮むけ乾燥肌に適している理由

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

皮むけ乾燥肌に塗るなら、ヒト型セラミド配合の保湿化粧品を塗るべきです。

他のタイプでもそれなりに満足できますが、それらは違う状態や取り入れ方でより活躍します。

ヒト型以外のセラミドは

  • 天然
  • 疑似

の2つです。

【もっと詳しく】天然・疑似セラミドの特徴と皮むけ乾燥肌との相性

皮むけ乾燥肌にヒト型セラミドが合う理由

皮むけする仕組みは解説済みです、100%の仕組みが解明されているわけではありません。若干予想も入っています。

ヒラヒラ剥ける顔の皮むけ、粉吹きの場合は、最終的に角質をくっつけている細胞間脂質の不足が原因です。

顔の皮向けに足りない成分

細胞間脂質の50%はセラミド。

これを保湿化粧品で補うのが対策ですが、ヒト型セラミドが一番優れているのは当然です。

バリア機能を一番高められる

ただセラミドには型がいろいろあり、馬のセラミドや植物のセラミドは人のそれと違う型です。

セラミドが持つ高い水分保持力とバリア機能は、セラミドが規則正しく並ぶことで発揮されます。

でもヒト型以外のセラミドだと、角質層で綺麗な配列になりません。そのため、隙間が生じるなどして潤い保持が弱ったりバリア機能が維持されません。

アトピー肌の人はアシルセラミドのセラミド1が特に不足していますが、セラミド11種類の中でも1つが不足するとバリア機能が崩壊します。このようにセラミドはバランスが重要で、決まった並び方をしないと機能を発揮できないのです。

確かに天然セラミドも疑似セラミドも保湿力は高いですが、角質層内部で人のセラミドのように振る舞えません。だったらヒト型セラミドを選ぶのが正解ではないでしょうか。

肌水分量を最も維持できる

肌水分量は一般的に角質層の水分量を指します。その奥になると70%など一気に高くなり、個人差ではそれほど差はありません。肌水分量の個人差は角質層で出るのです。

その角質層で水分量を確保しているのがセラミドです。

化粧品の広告では、ヒト型より馬などの天然セラミドや疑似セラミドのほうが保湿力が高い、という実験グラフを掲載しているところもあります。

それを見ると、一般的に合成品であるヒト型セラミドより、天然そのまま、しかも人の脂質に近い馬セラミドのほうが保湿力が高いと思えますよね。

でもこれには罠があります。

いわゆる試験管実験ではの話です。

ヒト型セラミドは人の角質層の中でないと、綺麗なラメラ構造を作れずに水分を挟み込めません。

一方で天然セラミドや疑似セラミドは、ヒト型より肌表面での保湿力に優れています。

なのでガラス板の上など、人の肌以外での実験では保湿力に差が出て当然。人の肌に潤いを求めているのですから、当然ヒト型が一番保湿力が高くなります。

ヒト型セラミドが人の肌でラメラ構造を作ると、湿度0%でも水分を蒸発させません。いわば、油分で水分をフタ。さらに水分を挟んでフタ……という風に、連続で水分にフタをしながら保水しているからです。

それなのに乾燥肌が多いのは、それだけ洗顔や摩擦などでラメラ構造を物理的に破壊している人が多いという証拠ですね。

セラミド生産を促す

セラミド保湿化粧品は、顔の皮むけ乾燥肌を綺麗に見せてくれるだけではありません。

セラミド不足の乾燥皮むけ肌に、足りないセラミドを補給できるメリットはありますが、それで100%まかなえているわけではありません。

まずセラミド11種類の全てを、ベストバランスの割合で増やすのは不可能です(ライスパワーエキスNo.11なら可能とも言える)。

でもセラミド保湿化粧品を使い続けることで、肌状態が明らかに良くなったきたという人は多いです。

これは後に判明したことですが、セラミドを補うことでセラミドが持つラメラ構造をカバーするだけでなく、セラミドを作ることを促す働きがあります。

これによりセラミド生産がサポートされて、より肌状態が良くなるということです。

この実験の対象となったのはヒト型です。やはりヒト型だからこそ、人のセラミド生産に関与するというわけです。

植物セラミドにも付加価値があります。シミの予防や真皮層の線維芽細胞活性化などが報告されています。ただ肌に塗ってではなくて体内から摂取した場合が多く、肌に塗るセラミドとしてはヒト型のほうが上になります。やはりセラミドを増やすという点ではヒト型です。

メイクが毛羽立ちにくくなる

皮むけ乾燥肌のときはメイクの摩擦が悪化原因となります。

対策として、メイク前にセラミド美容液かクリーム(テクスチャーが軽いもの)を塗ることをおすすめしています。

【もっと詳しく】皮むけ時のメイク方法~どうしてもお化粧する場合の対策

剥けかけの角質もくっついて見た目が落ち着くだけでなく、その後に起きる摩擦で皮むけが再発しにくいからです。メイクは下地にファンデーションとどうしても摩擦が起き、角質をめくってしまいますからね。

この点でもやはりヒト型が強いです。馬やこんにゃくセラミドでも角質はある程度落ち着きますが、角質層の中で強いラメラ構造を作れないので、メイクなどの摩擦で毛羽立ちやすいです。