サイトロゴ
  1. トップページ
  2. 顔の皮むけ乾燥肌でで皮膚科に行くのはおかしい?

顔の皮むけ乾燥肌でで皮膚科に行くのはおかしい?

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

日本人は年寄りを除いて病院嫌いというか、診察を受けるべきなのに「大丈夫だろ」と病院に行かない人がかなりいます。

特に皮膚トラブルは日常の何でもないトラブルと軽く考える人が多く、とりあえず放置やオロナインとか自己流で治そうとする人が目立ちます。

こんなことで病院にいちいち行くのはおかしいと。

でも原因を突き止めるためならどうでしょうか?原因が分かれば対処が確実になり、いち早く皮むけが止まります。

皮むけ肌は続けば続くほど、バリア機能が落ちるので刺激だらけです。刺激はシミを作り、コラーゲンを破壊してたるみを引き起こします。

それに皮膚科ならあまり負担になりませんよ。

皮膚科は待たなくていいし痛くない

病院は怖い……

でも皮膚科は基本的に病院っぽい雰囲気ではなく、どちらかというとオシャレなクリニックが多いです。皮膚トラブルなら当然保険が効くので、診察と抗炎症薬くらいなら2,000円ほどでしょう(帯状疱疹みたいなのだと薬代で1万円近くとかにはなります)。

そしてお年寄りが多い形成・整形外科や内科に比べて、待ち時間がかなり少ないです。お年寄りは先生を話し相手にするので診察時間が伸びちゃうんですよね。

診察も痛い怖い思いをすることはまずありません。できもの除去とかでない限りは。

肌が綺麗と言われる国の秘密は皮膚科?

日本人の肌は薄くてキメが細かいと言われます。でも裏返せばそれだけバリア機能が弱くなりやすい、皮むけを起こしやすいということです。

一方でお隣の韓国。

よく肌が白くて綺麗という話になります。韓国コスメがいいという話がありますが、あれは関係ないようです。

大きな差となっているのが皮膚科の利用頻度です。

韓国ではニキビ一つでも、何か肌に変化があれば皮膚科に訪れるそうです。とにかく肌トラブルを重く捉えているようです。

まあ整形も激しいくらいなので意識の時点であまりに違うのでしょうが、やはり炎症を放置していない。だからニキビ跡やシミが少ないのではないか?と考えられます。

皮膚科で皮むけが治るわけではない

顔の皮むけですが、皮膚科で治してくれるわけではありません。ここに注意。

原因の特定と炎症止めの塗り薬などを処方してもらえるだけです。後はスキンケアのアドバイス。

皮むけ乾燥肌はセラミドを失いすぎているのが原因。主に洗顔やクレンジング、メイクなどが根本原因で、それ自体は皮膚科医にもどうしようもありません。その人自身が変えないことには皮むけをすぐに再発するでしょう。

ただ皮膚科医に指摘してもらって初めて納得できる人も多いです。顔を洗いすぎていたんだと。

やはり専門家に指摘されるとドキッとしますからね。その点での効果もあります。