1. トップページ
  2. ディセンシアと皮むけ乾燥肌の相性

ディセンシアと皮むけ乾燥肌の相性

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

ディセンシアは敏感肌専門ブランド。資生堂のdプログラムや花王のキュレルと並ぶ有名ブランドです。

ただ実績はその2大ブランドにお取ります。後発ブランドだからです。

しかし、ディセンシアは敏感肌専門ブランドの中でも全く違う特徴を持っています。これが皮むけ乾燥肌にとって最良の優位点です。

敏感肌専門ブランドで唯一、エイジングケアも美白も可能にした

敏感肌専門ブランドは以下のようなことを経て実現しています。

  • 刺激性のチェックテストを通常より入念に行っている
  • 成分にこだわっている

この結果、使える成分や配合濃度はかなり範囲が狭くなります。つまり肌に優しいけど自由度がなくなります。

しかし、ディセンシアはエイジングケアも美白もラインに加えています。どちらも成分的に刺激性リスクが高くなります。それでも、敏感肌専門ブランドとしての信用性を保っています。

ここが大きな違いの1つ。

資生堂も花王もできなかったことを、堂々とやって満足度も得ています。

これを裏返して考えれば、刺激性の無さに関しては相当の自信があるということですね。

ワセリン以上なのにベタつかない特許技術がきっかけ

ディセンシア独特の展開は、ある1つの技術がベースとなっています。

ヴァイタサイクルヴェールです。

元々は親会社のポーラ・オルビスグループが開発したこの技術。ワセリン以上の水分蒸発抑制力、そして外部刺激カット力がありながら、ワセリンのようにベタつかないという特徴があります。

肌トラブルにはワセリンというのが昔からの定番。しかし、使いにくさがあるためあまり使う人が増えません。

ディセンシアはそのワセリンのデメリットを打ち消したヴァイタサイクルヴェール専用のブランドなんです。

外部刺激をカットできるから刺激が消える

他の敏感肌専門ブランドは肌に優しいのが特徴。セラミドなどを補い、肌のバリア機能を高めることで刺激を抑えてくれます。

しかし、ディセンシアの場合はヴァイタサイクルヴェールにより外部刺激もしっかりカットします。

他の敏感肌専門ブランドだと外部刺激をカットしきれず、その刺激が化粧品の刺激と勘違いするケースもあります。刺激をかなりパーフェクトにカットできるディセンシアの場合、それだけ快適に続けることができ、より肌の自然なバリア機能回復に貢献してくれます。

皮むけのような荒れた肌でもセラミドが安定する

皮むけ乾燥肌の原因であるセラミド不足。

セラミドを補えばそれでO.K.!となりそうですが、皮むけ肌はそれが通用しづらい特徴があります。

セラミドは角質と角質の間に存在して初めて保水性を発揮します。つまり、セラミドがただ単に肌にあるだけでは役立たず。

特に角質のキメが荒れている状態では活躍しないセラミドが増えます。角質同士がちゃんと隣り合っていないからです。

皮むけというのはまさしくその悪い状態。だからセラミドを補っても思ったように保水性を発揮せず、皮むけレベルによってはしっとりした肌の感じが全く持続しません。

かといってヒアルロン酸でフタをすると、ヒアルロン酸に水分を持っていかれます。最初は効果を発揮しますが、時間が経つとヒアルロン酸も水分を失うためです。

しかしディセンシアのヴァイタサイクルヴェールならワセリンと同等の性質を持っています。だからセラミドをしっかり角質層内に落ち着け、長くセラミドの良さを引き出し角質を落ち着けてくれます。

ディセンシア化粧品がよく試されている理由

乾燥肌が悪化した皮むけ状態は、ベースに洗顔、クレンジングの悪さがあります。なのでそこを改善する必要がありますが、多くの人にとって、とりあえず今すぐ肌を落ち着けたい!という気持ちがありますよね。

そうなると、問題となるのは刺激性に不安がなくて、なおかつ素早く肌が落ち着く保湿剤があるか?ということに。

刺激性と有効性という意味では、即効性では劣るもののライスパワーエキスNo.11のアトピスマイルに軍配が上がります。アトピー肌の人も使うほどで、かなりリピート率が高いです。

ただ、ディセンシアは敏感肌専門ブランドという安心感に加えて、トライアルがあり試しやすいという点。そしてワセリン以上の特許技術が使われていながらベタつきがなく、不足しているセラミドを的確に補えて肌が落ち着くという点が大きいですね。

とりあえずセラミド配合のディセンシアで落ち着けてみようという人が多いです。つつむなら、セラミド不足の肌を悪化させない洗顔料、クレンジングも試せる点が人気。アヤナスならハリ感不足、くすみなどの見た目の問題も同時にケアできるためよく選ばれています。

私は一通り使っていますが、どちらでも刺激を感じたり、肌の落ち着き具合に不満を感じる人はかなり少ないんじゃないかと思いますよ。