1. トップページ
  2. 皮むけお肌に適した保湿化粧品の条件

皮むけお肌に適した保湿化粧品の条件

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

顔の肌が白くむけて剥がれ落ちるのは…

  • 肌角質が十分に成長していない
  • 水分を蓄える機能が弱い

というのが主な原因。

この皮むけ原因に立ち向かうには、セラミドを肌に増やすことが一番です。

セラミドが水分を保持するだけでなく、剥けてしまう角質をつなぎとめる役割もしているからです。肌の自然な接着剤みたいなものですね。

皮むけしてしまう原因・理由

皮むけ肌にはセラミドを中心とした保湿成分が不足しています。

そのため、以下の様な悪循環になります。

  1. 何らかの理由で肌が乾燥し始める
  2. 乾いた肌の代わりに新しい肌の生産をスピードアップ
  3. 皮がむけて古い角質を落とす
  4. 無理に肌を成長させたせいで、、不十分に成長した肌ばかりになる
  5. 細胞が不十分なためセラミドが不足し、水分を保持できない
  6. やっぱりすぐに乾燥してしまう
  7. また新しい肌の生産を加速させる
  8. 以下、悪循環の繰り返しで皮むけがひどくなる…

皮剥けお肌に適した保湿化粧品というのは、この悪循環をどこかでストップさせることができるもの、ということになります。

肌の生産スピードを遅くすれば皮むけは治る?

つまり、顔の肌の皮むけを止めるには、新しい肌の生産スピードを弱めることが必要です。

ターンオーバーの速度を正常化させるということです。

ちょっと落ち着けよ、ということを肌に教えてあげるのです。

切れ目のない保湿対策が皮むけを防ぐ

ターンオーバーの正常化は、継続的で切れ目のない保湿が必要条件になります。

寝る前の保湿だけでも効果的ですが、とにかく肌が乾いている!という状態をできるだけ少なくします。

肌が乾いていると判断すると、どうしてもターンオーバーが乱れてしまい、また剥けやすい角質が生産されてしまうからです。

この悪循環を防ぐにはワセリンが一番有効です。

ワセリンは水分の蒸発を防ぎます。乾燥の進行を抑えるので、未熟な肌が育つのを予防します。そしてセラミドも増やします

ただ、これだけだと肌の見た目が悪くて外出できないという女性が大半です。

ワセリンと同じだけどべたつかない化粧品がある

しかし、特定の保湿化粧品ブランドは、ワセリン以上の水分蒸発を防ぐ力を持ったクリームを発売しています。

具体的に言うとディセンシア化粧品です。ポーラオルビスのグループ会社なんですよ。

ここは敏感肌専門ブランドで、ワセリン以上の力を持った特殊な特許技術が使われています。

女性はこの化粧品を使えば、日中も乾燥を防ぎながらお化粧もできて便利ですよ。

しかし化粧品なので絶対に肌に刺激がないわけではありません。敏感肌対応ですが、完全に肌にいいというわけではないことを覚えておきましょう。ただこのブランドで刺激を感じるならもう皮膚病の何かを疑ったほうがいいのでは?というくらいマイルドです。

乾ききった肌に足りないセラミドを化粧水で補給したほうがいい

水分蒸発を抑える他に、乾燥している肌に足りないセラミドも補給するとグッド。

セラミドはお肌で水分を抱きかかえる機能があります。

セラミドが足りないと肌は著しく乾燥し、ひどくなるとカサカサになり皮がむけます

セラミドは水分蒸発を抑えれば自然に増えます。ただ時間がある程度かかるので、根気よく続けていく必要があります。

セラミドは保湿化粧品で確かに補給できる

セラミドは元々人の肌にあるものなので保湿化粧品で補給することができます。

人型や天然型となっているものが浸透力、安定力に優れています。

以前はただセラミドを補えばいいという考え方でしたが、仮に角質層にセラミドが浸透しても、安定せずに外に排出されることがある、というのが分かってきました。

セラミドは水と油のサンドイッチ状態にならないと肌で安定しません。これが早い段階で実現されるものがベストな保湿化粧品ということになります。

  • ワセリンのようなバリア機能、水分蒸発防止機能がある
  • セラミド補給のように長く保水性を発揮する
  • 薄くなった敏感肌に刺激を与えない安全性

この3つが乾燥皮剥け肌に必要な条件。そして保湿化粧品の内容となります。