1. トップページ
  2. 皮むけ乾燥肌のクレンジング選びとメイク落とし方法

皮むけ乾燥肌のクレンジング選びとメイク落とし方法

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!

皮むけ乾燥肌の主な原因は洗顔。

そして女性に皮むけ乾燥肌が多いのは、W洗顔、つまりクレンジングをする必要があるためです(皮むけ乾燥肌は洗顔が原因)。

洗顔でセラミドが落ちてしまうのですが、それ以上に強力なのがクレンジングです。洗顔で落ちにくいメイクがスルッと落ちるのですから、油脂であるセラミドが悪影響を受けるのは必至です。

皮むけ乾燥肌に合う意外なクレンジング種類

クレンジングはオイルのほうが適している

クレンジングは女性の中で好みがかなり分かれます。大きく分けてミルク・クリームタイプ、そしてオイルタイプです。

洗浄力がマイルドで使い易いは断然ミルク・クリームタイプ。メイクオフ力が高いのがオイルです。

クレンジングは肌負担が心配というのはみなさんの共通認識でしょう。だからミルクやクリームタイプで優しくメイクを落とす人が増えています。

これはオイルタイプは刺激が強い。乾燥するという説があるのも理由。

しかし、敏感肌の皮むけ乾燥肌であっても、オイルクレンジングのほうが適している可能性が高いのです。

クリーム・ミルクタイプが皮むけを悪化させる危険

洗浄力がマイルドで肌負担が少ないのはミルク・クリームタイプです。

ただ、洗顔の問題と同じで(皮むけ乾燥肌は洗顔が原因)、優しいからこそ時間がかかってしまい、角質への摩擦負担。そしてセラミドへの影響が増えてしまいがち。

メイク落ちの早さは圧倒的にオイルタイプが勝ち。ものすごく早いだけに肌負担も大きいように見えますが、本当にメイクだけ浮かして洗い流してしまえれば、総合的に肌負担、セラミドへの影響はオイルタイプのほうが少ないんです。

ミルク・クリームタイプはメイクと馴染むのに時間がかかります。どうしても小鼻のワキなど落とし残し部分が出てきます。そこを落とすのに時間がかかり、肌にクレンジング剤が付着している時間も伸びて、結果的にセラミドの流出量がオイルタイプより上回ることに。

絶対ではありませんが、オイルタイプでそそくさとメイクを浮かしてしまったほうが、皮むけ乾燥肌の改善予防につながるケースは意外なほど多いのです。

W洗顔不要のクレンジングは皮むけ肌に適している場合もある

クレンジングと洗顔が一つになったW洗顔不要のクレンジング。これは皮むけ乾燥肌にとって、いい場合と悪い場合があります。

摩擦回数、クレンジングの付着時間が半分になると考えると、これ確実に皮むけ乾燥肌にとってプラスです。

ただ、中には一度で落とすために洗浄力が無駄に強いものがあります。

オイルタイプならミネラル(鉱物油)タイプのものは避けたほうが無難。これはW洗顔が必要なタイプでも共通です。ミネラルオイルは洗浄力が強すぎるからです。

ミルク・クリームタイプの場合は製品差でピンキリがあります。基本的にマイルドですが、洗顔の分もと意識すると無駄に時間をかけてしまいがち。やはり時間がかかるとマイルドなクレンジングでも皮むけ乾燥肌を悪化させるので注意。

皮むけ乾燥肌の悪化させないクレンジング方法

メイクは肌に残っても大丈夫

メイクは綺麗さっぱりに肌から落とすのが重要!少しでも残ると肌へのダメージが残り、シワや毛穴の広がりなどに影響が出ます!

とよく言われますが、これのせいでクレンジングのし過ぎが発生。それによりセラミド不足に陥り皮むけ乾燥肌になっている女性が大勢います。

そもそも、仮にメイクが肌に多少残ったとしても、また朝に洗顔をする人が多いので、実質肌に残る時間は8時間程度。

それだったら、ガッツリとお化粧している日中はどうなるのか?メイク=肌老化ということになりますよね。

つまり、肉眼でメイクが落ちていると十分判断できる程度になれば、その時点でクレンジングは終わらせるべき。それ以上は、クレンジングの洗浄力が全て角質層のセラミドに回ってしまいます。

皮むけがひどいときほどオイルでこすらない

皮むけがひどく、角質が浮いているときほどオイルクレンジングのほうが適しています。

なぜなら、ミルク・クリームタイプだとクルクルと長時間こする必要があるため、角質がさらにめくれてしまうからです。

それなら、こすらずに落ちるオイルクレンジングでサッとメイクを浮かせてしまったほうが、角質負担は大幅に減らせます。

洗浄力が強いから皮むけ乾燥肌のときは避けるべき!と思われがちですが、基本的にオイルクレンジングは刺激を感じません。なので結果的に皮むけしているときほどオイルクレンジングのほうが使いやすいことが多いのです。

皮むけを悪化させない!クレンジング負担を減らせる方法

メイクをする前に、セラミド美容液かテクスチャーの軽いクリームを塗っておいてください。

その上から化粧下地やファンデーションをすることで、クレンジングでメイク落としする際の肌摩擦負担、セラミド減少リスクを大幅に減らすことができます。

不足しているセラミドを補っておくことで、人工的に肌バリア機能を高めることができます。これにより、浮きがちが角質をピタッと落ち着けつつ、ファンデーション等の摩擦も軽減。さらにメイク落としのときに、補ったセラミドが流れ出ることで肌本来のセラミド減少を予防できるのです。

皮むけ乾燥肌にとってのセラミドコスメは、ただ保湿ケアになるだけでなく、お化粧負担軽減の大きな味方なんです。

素早く落ちて肌負担が少ないオイルタイプ

アテニア スキンクリアクレンズオイル

素早くメイクオフして突っ張らない

数種類のオイルをブレンドしたウォータリーベースのオイルクレンジング。水と馴染むので汗汚れもコレ1つで。メイク浮きも早く、短時間で終わるので肌への影響が少なくて済みます。ウォータープルーフ、肌に密着するタイプのファンデーションもしっかり落すことができます。

皮むけ肌に起きる刺激によるくすみ。このくすみに対してもケアできる唯一のクレンジング。時短で肌を守りながら、透明感の復活も助けてくれます。

2ヶ月分約1,800円送料無料。継続購入などもないですし、明るい肌を手に入れるためには最適でしょう。

ディセンシア つつむ クレンジング

クリームタイプの弱点を解消!セラミドを落としにくい

皮むけ肌の保湿に一番人気のつつむ。このクレンジングはW洗顔が必要ですが、オイルの良さとミルクの優しさを敏感肌肌でも本当に違和感なくできます。

最初はミルク。使っていくと最後にオイルになります。この変化したときが洗い流すタイミング。メイクが薄くなってきた最後にオイル性質がしっかりメイクオフ。すぐに洗い流すことで、クリームタイプの弱点であるメイクオフ力をたかめつつ肌負担をカット。だから優しく、かつすっきり仕上がります。

クレンジングは化粧水・クリームなどのトライアルに14回分入っています。1,480円で送料無料。