サイトロゴ
  1. トップページ
  2. 皮むけ乾燥肌のときのクレンジング選び~マイルドが正解とは限らない

皮むけ乾燥肌のときのクレンジング選び~マイルドが正解とは限らない

Presented by 「顔の皮むけ対策方法~乾燥が原因?すぐに目立たなくできる方法

皮むけ乾燥肌のときはメイクしないほうがいいのですが、対策方法はあるのでメイク不可!ってわけじゃないです。

皮むけ時のメイク方法~どうしてもお化粧するの対策

ただクレンジングは脱脂力が非常に強いので、角質層のセラミドを多く溶かし出してしまいます。

一般的にはマイルドなクレンジングが好まれますが、皮むけ乾燥肌を考えると一概に正解とも言えません。

特に乾燥すると敬遠されがちなオイルクレンジングのほうが、実際は皮むけを発症させない可能性が高いです。

皮むけ乾燥肌に適したクレンジング種類

マイルドなクレンジングとはどういったものか?というと、

  • 洗浄力(脱脂力)が弱い
  • 刺激成分が少ない

こんな印象だと思います。

でも、どっちにしてもこれは「界面活性剤」についての話です。クレンジングは界面活性剤がどうか?という話に尽きます。

ミルク・クリームはマイルド?とは限らない

オイルクレンジングは乾燥するという印象がありますが、ミルクやクリームタイプはマイルドなイメージでしょう。

でも、中身は意外とマイルドでもありません。

どういうことかというと、ミルク・クリームタイプは界面活性剤の力だけでメイクを浮かせています。

一方、オイルクレンジングは、オイルでメイクと溶かし、界面活性剤で洗い流しています。

だからオイルクレンジングのほうが圧倒的にメイクオフ力は高いです。つまり時間と摩擦は圧倒的にオイルクレンジングのほうが少なくて済みます。

ミルク・クリームタイプは油分でメイクを浮かせず、界面活性剤に馴染ませることで肌から引きがします。

つまり界面活性剤の力だけでメイク落とししているので、ここだけ見れば別にマイルドとも言えないですよね。

皮むけ乾燥肌にはミルク・クリームタイプが合わない

界面活性剤だけでメイクを浮かせるには、メイクにくまなく界面活性剤を付着させる必要があります。そのためにクルクル馴染ませる必要があります。

皮むけ乾燥肌は角質がボロボロで剥けやすい状態です。その肌に付いたメイクを浮かせるために、どうしてもクルクルの摩擦が生じます。

剥けやすい角質はさらにもろくなり、角質層内部からセラミド(細胞間脂質)も外に連れてきてしまいます。

ミルク・クリームタイプは、確かに脱脂力は低いです。その点ではセラミドに影響を与えにくいです。

ですが、メイクを落とすのに摩擦が必須になるため、皮むけ乾燥肌に適しているかというと微妙なのです。

オイルクレンジングが乾燥するのは勘違い

オイルクレンジングは肌がバリバリになって乾燥すると言われます。

でもこれは勘違いが含まれています。

バリバリに乾燥するのはオイルの種類が悪いからです。

ドラッグストアなどで売っている安いオイルクレンジング(1,000円以下)は、だいたいミネラルオイル(鉱物油)がメインです。

肌がバリバリに乾燥するのはこのミネラルオイルが原因です。

ミネラルオイルは他の油脂と馴染む力が非常に強いため、皮脂やセラミドなど細胞間脂質とくっつきやすく、その状態で界面活性剤により引き剥がされてしまいます。そのため肌がバリバリに乾燥してしまいます。

一方で、エステル系はミネラルオイルよりはマシ。植物オイルはほぼ人の皮脂、脂質への悪影響がありません。

例えばオリーブオイルを肌に塗って、それから洗い流すと肌がバリバリになるか?というとなりません。もちろんずっと付着させてクルクル馴染ませると別ですが。

このように、オイルクレンジングと言ってもオイルの種類によってセラミドへの影響が違います。

オイルクレンジングは摩擦なしでメイクオフできる!

皮むけ乾燥肌にとってクレンジングの摩擦は大敵です。

ただでさえ界面活性剤の影響でクレンジング中は角質が剥がれやすくなります。セラミドが溶け出るからです。

そこにクルクル摩擦が加わると、ラメラ構造が壊れて余計にセラミドが逃げ出します。

でもオイルクレンジングなら濃いメイクでもなじませずに落とせます。なので摩擦によるセラミド流出を大きく防げます。

オイルクレンジングは皮むけ乾燥肌に適している

摩擦なしでメイクオフできるオイルクレンジングが皮むけ乾燥肌に最適?

ミネラルオイルを使っていない、できればエステル系でもない植物オイルのオイルクレンジングなら、摩擦無しでメイクオフできます。

オイルがメイクを柔らかく浮かせるので、圧倒的にメイク落ちが良くて時短。

  • 摩擦が少ない
  • 時短で済む

この2つでセラミド(細胞間脂質)への影響が減るため、皮むけ原因を悪化させません。

しかし、時間がかかってしまえば影響は増えます。

オイルクレンジングはメイクオフ時間を短くするのが前提です。

ミルク・クリームタイプを使っていた人がオイルクレンジングに切り替えると、メイクが落ちているのにまだ馴染ませている人がいます。長年の癖が抜けないのです。

こんなに短いとメイクが肌に残っているんじゃないか?と不安になってしまい、ついつい時間を欠けて洗ってしまいます。

オイルクレンジングでメイク落としする場合は、とにかく時短で済むのが皮むけ乾燥肌にメリットであることを理解しておいてください。そこを外すのであれば、ミルク・クリームタイプのほうがセラミドへの影響は少ないです。

メイクの濃さ・種類に応じて選択

どんな人もオイルクレンジングがいいのか?

植物オイル系のオイルクレンジングなら肌に優しいしメイク落ちもいいです。

ですが、

  • そもそもメイクが薄い
  • 落ちやすいメイク
  • 崩れにくい系の下地・ファンデではない

のであれば、オイルクレンジングでなくても構わないかも。

なぜなら、上記のメイクは比較的簡単に落ちるからです。

薄いメイクならオイルまで必要とせず、ミルク・クリームタイプで簡単に落ちます。

皮むけ肌にセラミド美容液を塗り、その上に落ちやすい日焼け止めや、お湯で落ちやすくなる下地を塗っておくとメイク落としがしやすくなります。これはこちらでも書いてあります。

皮むけ時のメイク方法~どうしてもお化粧する場合の対策

でも濃いしっかりしたメイクの場合は、ミルク・クリームタイプだと落ちが悪くて摩擦刺激が増えます。だから向いていません。

クレンジングを指に付けて軽く顔をなぞったとき、それでメイクがスーッと取れる感じがあれば、そのクレンジング種類で摩擦なく取れます。でも色が指に移る程度でメイクが溶ける感じがない場合は洗浄力不足。オイルクレンジングのほうがいいでしょう。

このクレンジングなら皮むけ乾燥肌に良いとかはありません。メイクの濃さ、種類によって違います。

洗顔で落ちるファンデーションであっても、時間がかかるならW洗顔不要のクレンジングで洗うほうが摩擦もセラミド流出量も少なく済みます。とにかくメイク落としにかかる時間を短くすることが重要。

そして、そもそも皮むけ乾燥肌のときにメイクをするのが一番肌負担になります。その時点で皮むけを悪化させています。

メイクの悪影響を防ぐには、とにかくセラミドで角質の接着度を高めておくこと。クレンジング選びも重要ですが、まずはこれです!

顔の皮むけ原因と対策方法まとめ