サイトロゴ
  1. トップページ
  2. 顔の乾燥皮むけが保湿で悪化する理由

顔の乾燥皮むけが保湿で悪化する理由

Presented by 「顔の皮むけ対策方法~乾燥が原因?すぐに目立たなくできる方法

保湿を丁寧にしたり、日中に保湿しなおさえばいいのでは?

顔の乾燥皮むけは、朝に保湿を丁寧にしてからメイクすれば、皮むけが出てこないか出ても遅れてきます。でも、過剰な保湿は余計に皮むけを引き起こす可能性があります

保湿はしすぎてはダメと言われますよね。肌の自力保水機能を邪魔すると言われます。

その真偽はともかく、水分を何度も角質層に浸透させると、角質同士の繋がりを緩めて余計に皮むけを悪化させる恐れがあります

角質層の水分量増加でもっと剥ける

角質はコルネオデスモソームという鎖で繋がれていて、角質層上部で鎖が外れて剥がれる準備をします。

このコルネオデスモソームを外す酵素、つまり角質を剥がす酵素は角質層の水分量が低いと働きが鈍くなります。肌水分量が高いほうが角質は剥がれやすくなるというわけです。

顔の乾燥皮むけの場合、乾燥肌でヒラヒラした皮むけ、粉吹きが起きていますよね。ここに過剰な水分供給を繰り返し行うと、足りなかった水分が増えてコルネオデスモソームを外す酵素が活性化します。

最終的に角質を引き止めている細胞間脂質も少ない……

となると、今で皮むけしているのに、さらに皮むけが進む可能性があります。

顔の皮むけ乾燥肌対策はセラミドで

化粧水大量使いで余計に剥ける

お風呂で長風呂すると指先が白くふやけます。あれはお湯の温度で皮脂、細胞間脂質が溶けて、代わりに水分が浸透して角質同士の隙間が持ち上げられるからです。

化粧水大量使いなどで角質層に水分を多く送り込めます。でも何度も何度も過剰に毎日やっていると、お風呂の長風呂ほどではないにしろ、角質同士の隙間にあるセラミド構造を壊してしまいます。

普通は化粧水が角質層にたっぷり浸透することはありません。なぜならセラミドの油分が弾くからです。

ですが、皮むけ乾燥肌はセラミドが不足しておりバリア機能が落ちています。そのため化粧水が浸透しやすい状況です。

角質層に浸透させた水分は、保湿成分である程度維持されるものの、基本的にすぐ蒸発します。その蒸発の際に、元から肌にある水分も一緒に引き連れて蒸発してしまい、肌水分量を低下させて皮むけを悪化させる恐れがあります。

フタをして水分が逃げるのを防いだとしても、それはコルネオデスモソームの鎖を外す酵素を活性化させ、余計に皮むけを加速させる可能性があります。

そもそも肌にフタはワセリンやニベアなどのこってりしたクリーム以外は無理です。ナチュラルにフタができるのはセラミドだけです。

落屑の場合は別

ヒラヒラした皮むけじゃなくて、ボロっと落ちる、分厚く落ちるのは落屑と呼ばれます。主にアトピー肌の人がなりやすく、他にも魚鱗癬という皮膚疾病で見られます。

これも皮むけと分類するなら、徹底した保湿ケアはプラスになるでしょう。

落屑の場合はコルネオデスモソームの鎖が外れておらず、角質が何層も重なっています。だからヒラヒラや粉吹きではなく、広範囲に黄色く浮き上がったり、手で集められるくらいの暑い欠片となって剥けます。

この場合でもセラミド保湿化粧品が役立ちますが、普通の顔の乾燥皮むけほど見た目改善ができません。角質が何枚も重なっていて、既に浮き上がっているので元に戻るスペースがないからです。

それでも、肌水分量の80%はセラミドが維持しているのですから、乾燥肌のトラブルにはセラミドが鉄板と言われるのです。