サイトロゴ
  1. トップページ
  2. 化粧品以外の肌セラミドの増やし方

化粧品以外の肌セラミドの増やし方

Presented by 「顔の皮むけ対策方法~乾燥が原因?すぐに目立たなくできる方法

セラミド不足が原因で起きる皮むけ乾燥肌。

これの見た目改善とスキンケア対策は、ヒト型セラミド配合の保湿化粧品を塗る。これがベストです。

でも、洗顔とクレンジングの仕方に問題があったり(癖で洗いすぎてしまうなど)、遺伝でセラミド生成やターンオーバーに問題があるなど、思ったようにセラミドが増えない人もいます。

肌に関してはセラミドが作られにくい状況があります。これを避けることでセラミド量が戻り皮むけが治まってくるかもしれません。

また口からセラミドを取り入れることもできます。

ヒト型セラミドを肌に補う以外にもできることを紹介します。

セラミドを増やす薬はない

皮膚科でセラミドを増やす薬を処方してもらえないのか?

セラミドを増やす薬があれば誰も乾燥肌で悩まないでしょうね。これが理想なのですが、残念ながらセラミドを増やす医薬品はありません。

一応、実験研究では様々な成分が肌のセラミドを増やすと判明しています。

ただこの場合、実験内容が人間の肌で確実に作用が認められているか、というとその段階ではない、あくまで試験管の中での話も多いです。

ハトムギエキス~プチプラだけで効果あり?

ハトムギエキスはコーセーの雪肌精に含まれており、雪肌精で肌の透明感が上がると言われている理由として考えられます。

ハトムギエキス化粧水とワセリンやニベアなどのプチプラ簡単ケアで肌の調子がいいという口コミもあります。

その効果の裏側はハトムギエキスのセラミド産生促進作用があるからでは?と思われます。

しかし実際にハトムギエキスでセラミドが増えるかどうかは認定されていません。そう言われている、そういう実験内容があるだけです。

他にもイチジク樹皮エキス、サガラメエキス(国産の藻)にもセラミド生産を促すとされています。

ライスパワーエキスNo.11~唯一の認定成分

セラミドを増やす作用が認定されている唯一の成分がライスパワーエキスNo.11です。

国産米を発酵して作る成分で、ターンオーバーを整えてセラミド生産を活性化させる作用があります。これは医薬部外品認定を受けており、医薬品ほどの確かな効果はないものの、副作用の心配もほぼなく安定しているというお墨付きです。

セラミドを増やす薬に一番近いのがライスパワーエキスNo.11と言えます。

ヒルドイド~安くて効果大?

乾燥肌で処方される薬は、炎症があるならステロイド系の塗り薬。

保湿ではヒルドイドローション・クリームが一般的です。クリームはピンク色のキャップの歯磨き粉のチューブみたいな容器です。

これはヘパリンという体内にある物質が持つ保水力を人工的に再現した、ヘパリン類似物質を主体とした乾燥対策の薬です。

NMFという角質細胞の中にある保水成分と似た働きをします。

安いのに潤いがすごいと人気で、保険適用が効くので美容目的で皮膚科に行き処方してもらう人が増えて社会問題かしたことがあります。

ただ保水力に関してはセラミドに全く及びません。NMFの保水力は肌(角質層)全体の10%以下で、80%以上を占めるセラミドに劣ります。

それにセラミドが持つ、剥けている角質をピタッとくっつける力も弱いです。角質の端っこが線となって残ります。またベタつきも強いので、処方薬ですがセラミドとは違った目的で利用されるものです。

セラミドを食べ物で増やすのは困難

セラミドは食品に含まれています。普段から気づかない内にセラミドを口から取り入れています。

ただ、食べたセラミドが直接肌のセラミドになることはありません。

食品に含まれるセラミドは糖がくっついた天然セラミド。この糖を外して体内に吸収される割合が非常に低いため、食品からセラミドを補って肌に増やすというのはほぼ不可能です。

サプリメントは期待できる

サプリメントなら食事では到底食べられない量に相当するセラミドを摂取できます。量が多いので吸収効率の悪さをカバーできます。

体内に吸収されたセラミドは、そのまま肌のセラミドになるわけではなく、セラミドを作ることを促すことが分かっています。これはコラーゲンやヒアルロン酸の乾燥対策サプリメントと同じ理屈です。

サプリメントは種類によって話ばかりで意味がないものも多いです。ただセラミドに関しては、必要な量を食事から取るのがほぼ無理。なのでサプリメントで摂取する意味は大いにあります。

この場合、肌に塗るのと逆で天然セラミドのサプリメントのほうがいい結果が出ます。口にするものなので植物性のほうがいいですしね。

そもそも販売されているセラミドサプリメントはコメセラミドやパイナップルセラミドなど植物性です。

もし予算に余裕があるなら飲み続ける価値はあるでしょう。ただ皮むけ乾燥肌なら、とりあえずヒト型セラミドを肌に塗るほうがコスパも即効性も段違いです。