顔の皮むけ対策!乾燥だけ対策してもダメ

Presented by 「顔の皮むけ対策方法|乾燥ポロポロ肌を改善!」

保湿してもダメ?皮むけに足りないのはセラミド脂質

肌の乾燥が限度を超えると、カサカサして薄く白くヒラヒラとしたものがむけたり、粉を吹きますよね。ヒドいとパリパリになります。

この正体は水分を失いきった角質。

やるべきケアはもちろん保湿。でも、保湿しても保湿直後だけじゃないですか?

実は、乾燥皮むけ肌に足りないのは「水分」ではなくて、「水分を維持する機能のある脂質」なんです。だから皮むけが治まらない!

その繰り返す保湿が余計に皮むけをひどくしている可能性があります。数年後にシワ、色素沈着によるシミがどっと増えるかもしれませんよ。

>>角質の浮きをカバーするセラミドコスメの詳細

>>TVで話題のクリームの詳細

本当に乾燥が原因?保湿する前に皮膚科に行くべきかも

顔の皮むけトラブルは乾燥がメイン。しかし、違う理由でむけている場合もあります。乾燥肌じゃなくて皮膚の病気ということもあります。

基本的に「赤み」があるなら乾燥だけじゃない可能性があります。

アトピー

アトピー肌も乾燥が伴いますが、乾燥と関係なく角質同士を繋ぐ鎖が千切れやすくなっています。

普通、乾燥だけじゃない異常な状態になるので気づくでしょう。

でも、皮膚科に行って「アトピー体質ですね」と医者に指摘されて初めて気づく人もいます。だから自己判断は怖いんです。

脂漏性皮膚炎

皮脂が多い人がなりがち。カビ菌が繁殖して角質が脱落。薄皮というより湿った塊(かたまり)でむけがちですね。

乾燥により肌常在菌バランスが崩れ、皮脂分泌量が増えてなることも。

この肌状態は自己ケアでは困難でしょう。お薬を出してもらうと早いです。放っておくと炎症でシワ、色素沈着の原因ともなりえます。

とにかく、主に赤くなったり、かゆみが続いたりするとただの乾燥ではないかも。乾燥原因であってもなくても、時間があるなら素直に皮膚科に行くべきですね。カビや菌が原因だと保湿しても悪化するだけです。

保湿が効かないのはセラミド不足が原因

以下は、単純に乾燥だけが原因の場合のお話です。

乾燥で皮むけする理由は肌の水分不足ではない

水で濡れた紙が乾くとキュッと縮み上がりますよね。顔の皮膚も同じで、水分がなくなると角質が縮み上がりめくれやすくなります。

乾燥肌は肌水分量の大半を維持している「細胞間脂質(主にセラミド)」の不足が原因。

角質はいずれ垢になるため、その準備として基本的に剥がれやすい状態になっています(コルネオデスオモソームという鎖がちぎれる)。でも一気に剥がれたマズいので、細胞間脂質が最終的に角質同士を繋いで接着しています

つまり、

肌の乾燥がひどい → すなわちセラミドなどの細胞間脂質不足 → もともと角質は剥がれやすい状態 → くっつける接着剤がなく耐えられずに剥がれちゃう…

となってしまうのです。

ほとんどの保湿ケアは皮むけ乾燥には無意味

乾燥による顔の皮むけ原因は、セラミドを中心とした細胞間脂質不足です。その結果、肌が乾燥しているだけなんです。

つまり、肌に化粧水でたっぷり水分を与えても、クリームでフタをしようとも細胞間脂質は増えないんです。

だから保湿しても保湿しても乾燥も皮むけも治まらないのです。

一般的な保湿は肌表面を水分や油分で保護し、潤いを与えるケア。この直後しばらくは乾燥を感じなくなりますが、角質層内の細胞間脂質不足は何も変っていないんです。

乾燥の程度が軽く、その原因も止まっているなら一般的な保湿でセラミド量は自然に回復します。そして皮むけは治まります。でも、原因がそのまま、もしくは程度がひどいと、ただ肌表面が一時的に潤うだけで変化はありません。

こんな保湿ケアは皮むけ乾燥肌には無駄or逆効果

たっぷり保湿・パック

しっかりたっぷりと保湿クリームを塗ったり、パックで長時間保湿……すると皮むけが落ち着きそうですが、これは逆効果になります。

保湿化粧品には界面活性剤が含まれています。通常の使用なら全く問題ないのですが、たっぷり肌に塗りつけ、長時間放置すると悪影響が出ることもあります。

長風呂で指先が白くふやけることがありますが、あれを繰り返すと角質の細胞壁がもろくなり、さらに乾燥、皮むけしやすい肌質になります。過剰な保湿はこの状態を招きます。

いわゆる保湿のしすぎによるトラブルもこれ。

しっかり保湿で皮むけが落ち着いて見えるのは、ただ肌表面が湿っているから。一度乾いた角質に水分は戻りません。風呂上がりの潤いってすぐに消えるでしょ?角質同士を繋いでいる細胞間脂質が増えない限り皮むけは治まりませんよ。

めくれた角質があるなら、一度水で濡らしてみてください。すぐに乾いて水分量0になり角質が浮いてきます。でもセラミドを与えるとかなり長時間湿ったままになり皮むけも落ち着くんです。

オイル保湿

オイル、つまり皮脂は肌の乾燥予防にとても重要です。スクワランやホホバオイル、ココナッツオイルなど使いやすいですよね。

しかし、オイル自体に保水性はなく、ベタベタにつけても意味がありません。意外かもしれませんが、皮脂に水分蒸発を防ぐ機能はほとんどないんですよ。イメージだけですね。

皮脂はバリア機能として肌を守り、それがセラミドなど細胞間脂質を正常に生み出す効果があります。

通常は保湿クリームに含まれる油分で十分です。ただ女性は40代前後から皮脂分泌量がガクンと減ります。そんな人はオイル保湿も考慮するべきでしょうが、それでも本当に少量でO.K.です。

ヒアルロン酸・コラーゲン保湿

ダメってわけじゃないですよ。単体だけだとイマイチです。

ヒアルロン酸・コラーゲンは大量の水分を維持的に与えるだけ。決して角質の接着剤にはなりません

乾燥が軽い状態、皮むけしていないようレベルなら活躍してくれますが、皮むけレベルになると逆効果になることも。

というのは、大量の水分を肌に留めるものの、それが次第に蒸発していきますよね。それを繰り返すと、肌表面の水分量が大きく上下。これは角質の繋がりをさらに弱めて不安定にしてしまうからです。

ヒアルロン酸等で皮むけ肌が落ち着くのはだいたい一時的。肌の上から押さえつけているだけなので、時間経過で角質の端っこが浮いてきます。

でもセラミドで内側から接着。ヒアルロン酸などで外からピタッと押さえつけるとより長くしっかり皮むけが落ち着きます。

ワセリン保湿

ワセリンの保水性はゼロです。

皮むけ肌に優しく、塗るとしばらく皮むけが治まります。ただこれは上から押さえつけているだけ

これは効いた!とたっぷり塗り続けると、皮脂が多い人は脂漏性皮膚炎やニキビに発展することもあります。また炭化水素油系なので、細胞間脂質を溶かしやすい一面もあります。

ワセリンはあくまで肌内部の水分量蒸発を抑え、外部刺激から肌を守るためのもの。

理屈上では、肌の再生力が十分な人はワセリンだけで皮むけが次第に治まります。しかし、多くの人はワセリン保湿だけで改善されないようですね(これには洗顔のしすぎ、寝不足、ストレスなどが関係していると思われます)。

そもそもワセリンだけで乾燥肌も皮むけも治まるなら、最初からそんなに乾燥しないはずなんですよね。

あとワセリンを伸ばすときに、めくれかけの角質が余計に剥がれるということもあり、若干扱いにくいのも問題。

皮むけ乾燥肌を変える3つのセラミドケアポイント

1.セラミド保湿化粧品で1日1~2回スキンケア

乾燥肌は単純に言っちゃうとセラミド不足です。

他にも角質細胞内のNMF不足もありますが、セラミドがちゃんと足りている肌ならNMFも不足しません。

角質の接着機能があり、かつ保湿化粧品で安定して肌に届けられるのが唯一セラミドなんです。NMFは角質細胞内に取り込まれないと100%の力を発揮しませんが、セラミドは角質同士の隙間に入り込むのでちゃんと機能を発揮してくれます。

セラミドは細胞間脂質の50%以上を占めます。これを乾ききった肌に与えると、めくれやすくなっている角質同士の接着剤としてすぐに活躍してくれます。つまりお肌が落ち着くということ。

夜の洗顔後は絶対に。朝は状態を見て。普段から日中のテカリが気になる人はライスパワーエキスNo.11系クリームがテカらなくておすすめ。

2.なるべく肌を触らないのを徹底する

セラミドは他の保湿成分より遥かに肌なじみがよく、コットンパッディングやパックといったことをしなくても大丈夫。

肌に伸ばしてなじませるだけでO.K.です。

セラミドは意識的に浸透させようとしなくて大丈夫。余計な摩擦や圧力は皮むけ肌にとってマイナス。セラミドを信じましょう。

3.今肌にあるセラミドを減らさない

セラミド=油脂=皮脂=メイク

セラミドって油脂なんです。だからクレンジングと洗顔で減少します。

皮むけするほどの乾燥肌の人って、生まれつきの肌の弱さもありますが、多くの人が洗顔とクレンジングがきっかけになっているんです。

セラミドを作る力は20代を超えると落ちていきます。だから10代や20代のときの洗顔・クレンジングのままだと、確実にセラミド不足。そして皮むけ乾燥肌になります。

基本的に女性は洗い過ぎです。控えめにしているという人が多いですが、実際にチェックすると大半は洗いすぎです。

酸化した古い皮脂やメイクが肌に少しでも残ると肌老化を起こす……と信じられていますが、洗顔料を使って洗顔をする限り、手抜きくらいの洗い方でも十分なんです。

今の洗顔やクレンジング時間から20%でも短く仕上げてみてください。皮むけ状態が大きく変わるはずです。

皮むけ乾燥肌はこんなセラミド保湿化粧品を選ぶべき

1.セラミド主体を選ぶ

以前に比べてセラミド配合のコスメは増えています。でもメインかどうかが重要。

セラミドが主体になっていて、その他成分は補助的になっているか、ほとんどセラミドだけのものがベスト。中には言うほど入っていないものがあるので注意。

敏感肌専門ブランドや皮膚科医が絡んでいるものはセラミド主体のことが多いので、まずはそのあたりから試してみるのがいいでしょう。

2.美容液 or クリームのセラミド保湿化粧品を選ぶ

セラミドは油脂です。なので水には溶けにくいので化粧水にはあまり配合できません。

セラミドを多く配合できるのは最低でも美容液。そしてクリーム。

角質を落ち着ける力はクリームのほうが遥かに上ですが、皮脂が多い人は油分が少ない美容液テクスチャーもあり。

3.敏感肌専門・刺激性のないブランドから選ぶ

セラミド自体に刺激性やアレルギー性はないとされています。でも、成分精製のレベルが悪かったり、化粧品に含まれる他の添加物によって刺激を感じることはあります。

皮むけ肌は異常に角質が剥けており、健康な人より角質が薄くなっています。また角質同士の隙間も大きくなっています。

これは穴だらけ、隙間だらけの家に住んでいるようなもの。外からの異物が侵入しまくりで、肌の内側が刺激にさらされて炎症を起こしやすい状態です。

だから普通の肌より化粧品品質の差を感じやすくなっています。

いくらセラミドが皮むけ乾燥肌にいいとしても、製品品質が悪いせいで刺激があるのならマイナスです。炎症が活性酸素を生み、コラーゲンを破壊してシワ、たるみを作り、メラニンが過剰生成されシミ・色素沈着が起きてしまいます。

どんなブランドが安全安心かは見極めようがありません。でも敏感肌専門ブランドだったり、配合成分内容や説明などである程度絞れます。

【メイクする前に!】セラミド保湿でノリと皮むけが改善

皮むけしているときにお化粧をすると状態が悪化します。メイク化粧品にも乳化剤として界面活性剤が入っており、バリア機能が落ちている皮むけ肌にはセラミドへの影響があります。

だからノーメイクがいいのですが、女性だとそうもいかないでしょう。

対策としてはメイク前にセラミド美容液か柔らかめのクリームを素肌に塗っておきます。その上から下地だったりファンデーションを塗ります。

こうすることで、素肌とメイク化粧品の成分がダイレクトに接触しません。

また、ファンデーション等を伸ばす際に、スポンジやパフが角質の端っこを引っ掛けなくなります。ファンデーションを塗ったけど肌が毛羽立って汚くなるのも防げ、なおかつ乾燥皮むけ肌の悪化を予防できますよ。

皮むけ乾燥肌に使いやすいセラミド保湿化粧品

優れた保湿成分であるセラミドを中心とした保湿化粧品。その中でも敏感肌など肌質についてよく考慮されているブランドのものを紹介。

ワセリンみたいに角質を抑えて皮むけを目立たなくしてくれます。ワセリンよりべたつかないので使いやすいです。

DECENCIA つつむ

つつむのココが優れている

  • 皮むけ肌にピッタリの敏感肌専門ブランド
  • 細胞間脂質と同質のヒト型ナノセラミドで肌なじみ抜群
  • しっかり潤ってベタつき最小限。肌から不安感が消える
  • 特許技術のヴァイタサイクルヴェールで薄く弱い皮むけ肌を刺激から守る
  • 美容液テクスチャーの化粧水とクリームの2点で簡単ケア。コスパも高くて続けやすい

DECENCIA アヤナス

アヤナスのココが優れている

  • 敏感肌専門ブランドだけど保湿だけじゃない
  • セラミドを与えるだけじゃない。セラミドが作られない原因にもアプローチして潤い強化
  • 潤いのための天然アロマまでこだわり
  • セラミド・特許技術・香りとめぐり向上で皮むけ乾燥肌から一気に引き上げる
  • コラーゲンを守り作る親会社ポーラの先端技術を採用。ハリ感を与えて透明感も

小林製薬 ヒフミド

ヒフミドのココが優れている

  • 有名製薬会社のシンプルな成分重視のセラミド保湿化粧品
  • 夏でも使えるつけ心地。あっさりでかなり軽くて快適だけど真冬も安心の持続力
  • セラミド3種類で皮むけ乾燥肌に足りない細胞間脂質をよりカバー
  • 980円で試せてネット、新聞、口コミなどで利用者数、年齢層が幅広い
  • 化粧下地になる日焼け止めベースで肌老化防止

顔の皮向けに効く薬はない!皮膚科での処方薬は?

皮膚科に行っても、炎症止め以外は保湿ケアが基本。

ただ原因を特定できることと、よく効く炎症止めが手に入るで、特に肌が赤いときは治りが非常に早いです。

皮膚科での治療と処方薬

皮膚科では顔の皮むけを一発で治してくれる薬は処方されません。そういう薬が存在しないからです。

もし肌が赤く炎症しているなら、ステロイドまたは非ステロイド系の抗炎症塗り薬が処方されるでしょう。炎症を止めないと皮むけ肌は治らないし、保湿ケアもまともにできないからです。

安く手に入る保湿剤が優秀

保湿剤としては、ワセリンの他、ヘパリン類似物質の製品が処方されます。

ヘパリン類似物質は体内にあるヘパリンという成分に似た成分のこと。セラミドに次いで保水性があるNMFと似た性質があり、血流改善などの治療効果もあります。

このヘパリン類似物質の化粧水ローションとクリームの処方が目立ちます。とても使いやすく、セラミドまでいかないものの皮むけ肌もしっとり落ち着けてくれます。

ただヘパリン類似物質のクリームはセラミド系より若干伸ばしづらく、そしてベタつきやすいのが気になります。

また保湿剤と言えども薬になるので、長期に渡りスキンケア用品として使うのはあまり薦められないですね。

セラミドを増やす作用があるライスパワーエキスNo.11

顔の皮むけ乾燥肌を治す薬はありませんが、セラミドを増やす作用のある成分ならあります。

これが今、最も皮むけ乾燥肌の薬に近い存在でしょう。

セラミド生産を促しターンオーバーも整える

皮むけ乾燥肌はセラミドを十分に作れないのが一つの原因。だからセラミド保湿化粧品で補ってあげるのですが、自分で作れれば言うことありません。

ライスパワーエキスNo.11はこのセラミド生産を促す作用があるため、皮むけ乾燥肌のスキンケアに最適と言えます。

この作用は医薬部外品として国に認定されています。

原材料も国産米でアレルギー性がなく、元々アトピー肌の人に協力してもらって開発されているから安心。最初は医薬品、つまり薬としての認定を目指していた成分です。でも早く製品化することで、アトピーなどで悩んでいる人に早く使ってもらいたいということで、認定時間が短くて済む医薬部外品として成立させた背景があります(医薬部外品でも相当大変ですが)。

皮むけ落ち着きテカらずニキビもできにくい

ライスパワーエキスNo.11のクリームはかなり使いやすいのも特徴です。

浮いた角質状態でもサッと落ち着けてくれます。セラミドクリームよりは若干安定度で譲りますが、これで十分過ぎるほどでしょう。

セラミドクリームにないメリットもあります。

ライスパワーエキスNo.11のクリームはどこのブランドでもとにかく軽い。ベタつきません。これはセラミドクリームより圧倒的に上。セラミドの油脂性がないためサッパリしており、クリームが苦手な人もまず嫌と感じることはないでしょう。

ニキビができやすいオイリーな人でも安心。セラミドクリームやセラミド美容液よりテカらない。そして時間経過でセラミド増加が期待できるのは大きいですよね。

ライスパワーエキスNo.11採用で皮むけ乾燥肌向きなもの

ライスパワーエキスNo.11主体の保湿化粧品は、有効成分1つで十分なため、余計な成分が入っておらず敏感肌、皮むけ肌に向いています。

ライスパワーショップ アトピスマイルクリーム

アトピスマイルのココが優れている

  • 唯一の潤い改善成分配合を発明した成分メーカー直販ブランド。TV朝日やNHKで紹介され売れまくり
  • 何かおかしくなってセラミド不足になった肌を助けて潤い機能を改善
  • ガゼインなどアレルギー物質も除去した徹底刺激排除で使いやすい
  • 体にも使えるのにベタつきがなくてむちゃくちゃ快適。でもしっとりが自然に続く
  • 皮むけもピタッと押さえて目立たなくしてくれる。テカらないから自然で軽い

KOSE 米肌(まいはだ)

米肌のココが優れている

  • ライスパワーエキスNo.11を配合しただけじゃないKOSEならではの内容で潤いを強化
  • 同成分の基礎化粧品と比較してお手頃価格で続けやすい
  • ライスパワーエキスNo.11の弱点である即効性もカバーして使ってすぐの満足が得られる
  • 水分を引き寄せるから潤い感アップ。内側からライスパワーエキスが働いてWの潤いアップ
  • 高い潤い力で乾いて広がって見える毛穴も目立たなくしてくれる